【キャラビズム】紹介のルールは簡単、偉くない人を偉く見せる

NEWSポストセブン / 2012年3月24日 16時0分

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「マナー」編である。

* * *

●A l‘étranger on a tendance à oublier que l’on est étranger!

外国に行って自分が外国人であることを忘れがち!

●Celui qui fume sans se soucier des autres devrait savoir que ces autres ne se soucieraient pas s‘il mourrait avant eux!

彼は、タバコを吸って皆に迷惑かけても、知ったことではない。皆は、彼が早めに死んでも知ったことではない!

●Les règles des présentations sont simples,celui qui n’est pas important à celui qui l’est.

紹介のルールは簡単、偉くない人を偉い人に見せる!



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング