東京のマンションを売却して熊本に「原発移住」夫婦の告白

NEWSポストセブン / 2012年3月17日 7時0分

 東京電力福島第一原発事故から1年。事態は解決に向かっているとはいいがたく、いまだ故郷に戻れない人もたくさんいる。そんななか、子供への放射能の影響を心配し、安全な土地へ移住する子育て世代が相次いでいる──ノンフィクション・ライターの北尾トロさんも奥さんに引っ張られるように、移住を計画中。そこで、トロさん自ら、すでに移住生活を始めた家族たちに、その本音を尋ねて回った。

 * * *
 35年ローンを組んで購入した東京郊外のマンションへの入居まで1週間。地震は突然やってきた。佐久間隆行さん(仮名・40才)一家は妻の理絵さん(仮名・32才)が息子を連れて名古屋に緊急避難。残った隆行さんがマンションへの引っ越しを済ませると、いったん東京の新居で家族が再会する。

 が、放射能への恐怖のためロクに寝ることさえできない。息子はまだ3才。このまま東京にいていいのかと迷う日々の中、「東京にしがみつく生き方をしていてはダメなのでは?」(理絵さん)と考え始めたという。

 幸い、夫婦とも自営業。身の振り方は自分たちの意志で決められる。

「パソコンにかじりついて情報収集しているうちに、熊本の『母親ネットワーク』のかたからおいでよ、と誘われて」(理絵さん)

 トライアルのつもりで8月に熊本市内のマンスリーマンションを1か月借りてみた。親戚はおろか友人さえいない熊本ではあったが、早くもここで暮らす決意を固めた。周囲の親切さも理由だったが、安心して暮らせるありがたさが第一だった。

 その後の3か月で2DKの住居を探し、幼稚園を決め、11月には引っ越し。新しい環境での生活をスタートさせた。荷物のほとんどはまだ東京の“新居”にあり、熊本の2DKの室内は生活感が薄くてガランとしている。家賃6万円は少々キツいが、支援者や他の移住者、幼稚園のママ友など日を追うごとにネットワークが広がり、熊本大好き人間になりつつある。

「仕事も大好きだったんですが、変わろう、そう思ったんです。好きな人たちと一緒に小さな幸福を育んでいこう、それが大事だと」(理絵さん)

 一方、隆行さんは理絵さんの決断の早さと思い切りに押され気味。普段は東京、熊本へは月イチのペースで1週間程度滞在しながら様子を見ている。借りていた事務所を引き払い、自宅マンションで仕事をすることにしたが、軸足はまだ東京。もうひとつ踏ん切れない。

 わかる。彼は40才、仕事に脂ののっている時期なのだ。意固地になっているのではなく、いまは東京で勝負がしたい。子供は子供、仕事は仕事。優先順位をつけるなんてできない。家庭をないがしろにする気など全然ないと思う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング