小栗旬と山田優の結婚から元カレ元カノ結婚の祝福方法を学ぶ

NEWSポストセブン / 2012年3月18日 16時0分

 大人力コラムニスト・石原壮一郎氏の「ニュースから学ぶ大人力」。今回は俳優小栗旬と山田優の結婚に寄せられた芸能界の祝福コメントから、「元カレ、元カノの結婚に際しての人の祝福の仕方」を学びます。

 * * *
 俳優の小栗旬と女優でモデルの山田優が、3月14日に婚姻届を提出しました。その日は2008年に交際を開始した記念日だとか。4年の間には小栗の浮気騒動や破局報道など、山田が言うところの「紆余曲折」があったそうです。

 結婚報告会見で山田は、もし結婚後に小栗が浮気をしたら「締めます」と宣言。この先、小栗がどんな相手と浮気をしてどんなふうに締められるか、今から期待を抱かずにはいられません。

 ふたりの結婚に対しては、たくさんの人が祝福のコメントを寄せています。それらをチェックしつつ、知り合いの結婚を大人としてどう祝福するかを考えてみましょう。

 同僚や友達に「今度、結婚するんだ」と言われた場面で、無難に「よかったね」とか「おめでとう」と言うだけでは、今ひとつインパクトに欠けます。ドラマで小栗と共演した嵐・松本潤は「報告をされた時、僕にはあなたが輝いて見えました。小栗旬、カッコイイよ!!」と祝福しました。私たちも、頭にフルネームを付けつつ「○○、カッコイイよ!!」と力強く叫べば、マツジュンっぽいカッコよさを醸し出せるはずです。

 小栗の“元カノ”だったという噂がある矢口真里は、便秘薬のCM発表会でこの話を振られると、ニヤリと笑って「きましたね」と答えたあと、「本当におめでとうございます。この便秘薬は子どもにも使えるので、お二人にもお子さんができたらぜひ使って欲しい」と商品をPRしつつ煙に巻きました。聞きようによっては、ふたりの未来の子どもに「便秘になっちゃえ」という呪いをかけているとも取れますが、それは裏読みが過ぎますね。
 
 元カノが結婚するという話を友達から聞かされたときは、明るく「そりゃ、めでたいねえ!」と祝福しつつ、自分の仕事にからめて「ふたりの子どもにも俺が扱っている△△を使って欲しいな」とコメントしましょう。懐の深さを見せつつ、複雑な思いを表現することができます。その△△は、文房具でも家電でも避妊具でも何でもかまいません。

 テレビ番組での発言をきっかけに、小栗との交際を疑われたモデルでタレントの菜々緒は、ブログでふたりを祝福。わざわざ山田優との2ショットを掲載して山田との親密さをアピールしつつ、「会った事もない小栗さんが私の元カレとネットなどで騒がれた時 お二人とも御迷惑おかけしました。笑 今では楽しい笑い話です」とコメントしました。

噂を否定した上で、自分のイメージをアップさせたいという意図はわかります。ただ、たとえば社内結婚をする女性と過去に噂があった場合に、相手の男との仲の良さや噂の根も葉もなさをことさらに強調すると、余計にあやしい印象を与えかねません。人の関心を集めるのがお仕事のタレントならともかく、私たちは真似しないほうがよさそうです。

 そのほか、山田に先を越された先輩女優たちの微妙に屈折した反応も、なかなかオツなもの。いろんなコメントをじっくり味わいつつ、それぞれ参考にさせてもらいましょう。




【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング