神道の葬式参列者「意外といいね」「爽やかな感じ」と高評価

NEWSポストセブン / 2012年3月23日 7時0分

 みうらじゅん氏は、1958年京都生まれ。イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、ラジオDJなど幅広いジャンルで活躍。1997年「マイ ブーム」で流行語大賞受賞。仏教への造詣が深く、『見仏記』『マイ仏教』などの著書もある同氏が、神道の葬式「神葬」について考察する。

 * * *
 神葬(道)墓地を持っている神社に、東京都あきる野市の稲足神社がある。JR五日市線・秋川駅からバスで10分。神葬墓地の需要に応えるため昭和63年に創建された神社で、隣接する丘陵に平成13年開設した大規模霊園は墓地1200区画、納骨堂200区画。神道霊園ではあるが、家に仏壇がある人はもちろん、無宗教の人も契約できる。

「神葬祭を知らなかった方も多いようです。神社界でも穢れ思想が根強く、必要性を認めながらもどこか抵抗があって、まだまだ定着していないのが現状ですね」

 稲足神社の禰宜・尾山喜一郎さんはそう語るが、参列者からは、

「神葬祭って意外といいね」

「爽やかな感じがする」

 という声が多いという。葬儀に際して神社側は、故人オリジナルの祭詞を書くが、宮司の小川修さんいわく、

「故人の来歴や人柄を盛り込んで、心を込めて書くので、最低1日は要します。参列者にもその内容ははっきりと分かるため、親しみが湧くようです」

 神葬祭は、御霊遷しにしても、この祭詞にしても“故人を葬る”という意義がわかりやすいことが特徴かもしれない。

※週刊ポスト2012年3月30日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング