木嶋裁判 佳苗と互角に戦うひとまわり位年下の茶髪女性検事

NEWSポストセブン / 2012年3月25日 16時0分

写真

木嶋裁判すべて傍聴の北原みのりさん

 出会い系サイトで知り合った男性三人を殺したなど容疑で、検察に死刑を求刑された木嶋佳苗被告(37歳)。彼女の裁判の傍聴を続けている文筆家で女性用アダルトグッズショップ「ラブピースクラブ」代表の北原みのりさんが語る「私が見た佳苗」。第二回をお届けする。(聞き手=ノンフィクションライター・神田憲行)

 * * *

——北原さんがそもそもこの裁判に興味を持った理由はなんですか。

北原:木嶋香苗被告がなぜそんなことをしたのか知りたかったから。彼女は祖父が町会議員で家庭的にも普通の環境、プログの文章もしっかりしているから全く無教養な人間というわけではない。男性への強い恨みのようなものも感じない。

 それなのになぜ彼女はそんな大胆な犯行に及んだのか(注・佳苗被告は一貫として無罪を主張)。彼女はいわゆる「援助交際」の走りのようなことをしていて、あの世代の女の人を作った社会が生んだ犯罪のひとつなのか、男女関係の象徴なのか、見てみたいと思いました。

——佳苗被告の動機のようなものは明らかになりましたか。

北原:全く。検察は論告求刑では「嘘がばれるから殺した」と言っているんですが、説得力がない。佳苗は嘘がばれても平気な人生を送ってきて、ばれても嘘を重ねればいいだけなんですよ。お金を返せといわれたら、他のターゲットから引っ張って返すか、逃げてしまえばいいだけの話なんです。

 しかも取ったお金は寺田隆夫さん(当時53歳)は一千万円越えていますが、大出嘉之さん(同41歳)は470万円、安藤健三さん(同80歳)さんにいたっては180万円でしかない。そんなお金はいくらでも返せたと思う。弁護人もその動機はないと否定するだけで、あたしたちの最大の関心事が置き去りにされている印象があります。

——北原さんの傍聴記(週刊朝日で連載中)を拝見すると、佳苗被告と検察官のやりとりが興味深いですね。

北原:佳苗はとにかく弁が立ち、切り返しも早い。寺田さんが1127万円を入れた通帳ごと佳苗に渡したことについて、検察が「(1127は佳苗の11月27日の誕生に通じることから)あなたのラッキーナンバーでしょう!?」と詰め寄ったら、佳苗は「ラッキナンバーってなんですか?」「あなたラッキーナンバーも知らないの」「ええ、知りません」みたいなやりとりです。

 主任検察官の男性はちょうど佳苗と同い年なんですが、彼らが古くさい、カビの生えたような結婚観や男女観で佳苗を追い詰めようとするたびに、彼女はスルリと身をかわしてしまう。男性が亡くなったあと佳苗が自分の妹を焼き肉に誘っていることに「人が亡くなったあとで焼き肉に誘いますか」と検察官が憤るんですが、別に好きでもない男性が亡くなったくらいなら、焼き肉に行きますよ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング