大人気アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』がパチスロに!

NEWSポストセブン / 2012年3月21日 16時0分

今年の1月中旬、ある言葉がネット上で大騒ぎとなった。

「打っていいのは、撃たれる覚悟のあるやつだけだ」

 これは、もともと『コードギアス 反逆のルルーシュ』というアニメ作品中のセリフ。同作品は機動戦士ガンダム」等のロボットアニメを製作したサンライズ、キャラデザインを「カードキャプタ-さくら」などの作品のCLAMPが手掛けたSFロボットアニメだ。

このアニメがパチンコ・パチスロメーカー「サミー」からパチスロになることが発表されると、アニメファンのみならずパチスロファンは騒然。大騒ぎになった理由について、パチンコライター・ぱちシロ氏は

「男女問わず熱狂的なファンが数多くいるため、下手なモノは作れない、ということでかなり力を入れているようです」

 と話す。パチスロながらアニメのクオリティが半端なく高い――という評なのだが、「『パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ』とはどんなモノなのか?

「3月の頭にロングPVが公開されたのですが、ものすごくおもしろそうなんですよね。
PVや資料を見る限り、内容はBB+ARTタイプ。今流行りの上乗せ特化タイプで、最初のバトルで勝つとARTに突入する感じです。聞いた話によるとメーカーは5~8万台を売りたいと思っているみたいなんですが、それを超えるぐらいの台数はいくんじゃないかと言われています」(ぱちシロ氏)

 現在ネット上では、

「早く打ちたーい!」
「今のうちに原作を見ておこう」
「この台を見るだけのために初めてパチンコホールに行っちゃいそう」

と興奮した声が続々と出てきている。

 では肝心の導入日はいつになるのだろうか?

「5月上旬には導入されるようです。GW明けはホールにたくさんの人が来ること間違いないと思いますよ」(ぱちシロ氏)

なお、サミーはバンダイチャンネルにて、現在4月18日11時59分までの期間限定で全25話を一挙無料配信中 。これにはパチスロファンが“予習だ”とばかりに飛びついているほか、「太っ腹」「やるじゃない」と、パチスロファン以外の心もつかんだようだ。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング