ゲーム好き矢口真里 ゴールデンボンバーと『戦国IXA』解説

NEWSポストセブン / 2012年3月26日 16時0分

 タレントの矢口真里(29)とヴィジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーが、スクウェア・エニックスが運営するオンラインゲーム『戦国IXA』(せんごく・いくさ)の“トリセツ”をプロデュースした。

『戦国IXA』は、プレイヤーが大名配下の城主となって、自国の内政を整えつつ、他国(他のプレイヤー)との合戦を繰り返し、天下統一を目指す戦国シミュレーションゲームだ。一般的にシミュレーションゲームというと、システムが複雑で初心者には難しいケースが多く、プレイを始めたはいいがシステムを完全に理解できずに、途中でやめてしまうことも珍しくない。

 そこで重要になってくるのが、“トリセツ”つまり取扱説明書だ。今回『戦国IXA』では、そのトリセツに矢口真里とゴールデンボンバーが登場。『トリセツIXA』として、動画で遊び方をレクチャーしてくれるのだ。

 動画では、着物姿の初心者・矢口に、紋付袴を着たゴールデンボンバーの4人が、『戦国IXA』のルールを動き回りながらコミカルに説明する。領土を強化する方法や武将の育成方法、そして合戦での戦い方など、ゲームを楽しむための基本事項を分かりやすく解説している。普段から“ゲーム好き”を公言している矢口ならもちろんだが、まったくの初心者であっても、この『トリセツIXA』を見れば、その遊び方を簡単に理解できるだろう。

 また、『トリセツIXA』のキャンペーン期間中は、ゲーム内に限定クエストが出現。限定クエストをクリアするとゴールデンボンバーの限定画像や動画がゲットできるとのこと。『戦国IXA』を遊びたい人だけではなく、矢口のキュートな着物姿を見たい人や、ゴールデンボンバーのファンも要チェックだ。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング