「棺桶」と「柩」には明確な違いがあるとみうらじゅん氏解説

NEWSポストセブン / 2012年3月27日 7時0分

 みうらじゅん氏は、1958年京都生まれ。イラストレーター、エッセイスト、ミュージシャン、ラジオDJなど幅広いジャンルで活躍。1997年「マイ ブーム」で流行語大賞受賞。仏教への造詣が深く、『見仏記』『マイ仏教』などの著書もある同氏が、棺桶について考察する。

 * * *
 人間、誰でも死んだら必ず入るものが棺桶だ! ちなみに棺桶と柩(ひつぎ)には明確な違いがある。遺体の入っていないあくまで物としての段階を「棺桶」といい、遺体が入って物と呼ぶことができなくなったものが「柩」になる。

 その棺桶にもカタログがあるというので眺めてみた。一番安いもので5万円程度なのだが、最高級品ともなると、なんと300万円もする。

 木の素材でいうと、樅、桐、檜が定番だが、それぞれ安価な合板とそれより少し高い無垢材が用意されている。一番高い総檜印籠総彫刻なんて棺桶には、龍に鳳凰、蓮の花などが工芸品のように彫り込まれている。

 すぐに燃やしてしまうものに300万も金を出す人がいるとは、びっくりだが、「一番高いものでお願いします」とあっさりといえるセレブは意外に多いらしい。

 逆に一番安い棺桶も、「とにかく安いもので」という根強い需要がある。こちらは、節約したいというのに加え、「すぐ燃えてなくなるんだからもったいない」というポリシーある人の思いも反映している。

 とはいえ、ボリュームゾーンは「無難な線で」という需要の受け皿になる10万円前後の棺桶。金糸銀糸などを縫い込んだ布を張った布張り棺桶が最近のトレンドなんだとか。

※週刊ポスト2012年4月6日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング