1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

観覧車とメリーゴーラウンドの両方が残る希少な廃墟の遊園地

NEWSポストセブン / 2012年3月29日 7時0分

写真

廃墟として残る遊園地(化女沼レジャーランド)

 全国には、かつてそこに人が暮らし、働き、生きた跡を残す廃墟が数限りなく存在する。哀愁漂うその姿に何を見るのか。廃墟愛好家集団「八画文化会館」は、“廃墟の聖地”のひとつとして化女沼レジャーランド(宮城県大崎市〈旧・古川市〉)を挙げる。

 同遊園地は、1979年にオープンし、当時の園内にはキャンプ場や宿泊施設もあった。2000年の閉鎖後も遊具が錆びついたまま放置されている。
 
「八画文化会館」立ち上げ人で、廃墟愛好家の酒井竜次氏は、「遊園地の廃墟が10年以上も残るのは珍しく、しかも観覧車とメリーゴーラウンドの両方が現存しているのはかなり希少です」と語る。

※週刊ポスト2012年4月6日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング