田原俊彦&野村宏伸 共演のロケ地は“びんびん”な共学高校

NEWSポストセブン / 2012年3月30日 7時0分

 3月30日に放送される『爆報!THE フライデー』(TBS系、19時~)で、田原俊彦と野村宏伸が久しぶりの共演。そこで、野村宏伸が離婚を告白するわけだが、ロケ地にはドラマ『教師びんびん物語II』(1989年放送、フジテレビ系)で撮影した学校を使用している。細部にまでこだわった演出が施されている。

 そのロケ地は、東京にある昭和第一高校。御茶ノ水を舞台に描かれた同ドラマでは、『聖橋大学附属小学校』として、御茶ノ水からほど近い同高校の校舎が使用されていた。

『教師びんびん物語II』放送から数年経った1990年代後半にはティーン向けの男性誌に、同校の生徒がたびたび登場。『SDH』のロゴ入りかばんが大人気になるなど、一躍有名になった高校である。

 かつての男子高から共学に変わった昭和第一高校。現在通っている生徒たちは、月9ドラマ初の視聴率30%越えをマークした『教師びんびん物語II』のロケ地だったことを知っているのだろうか?



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング