企業の新しいCSR活動の形 参加者がイベントとして楽しめる

NEWSポストセブン / 2012年3月30日 7時0分

写真

5時間約12kmを歩き終えて、充実した表情の参加者

 日本に流れる川の数をご存じだろうか? その数なんと約18万本。うち国交省が管理する一級水系が109あり、その水系に関わる一級河川の数は1万4000本にもなる。それで国内の河川、約7割を占めるという。

 トヨタの新型ハイブリッド車、ラテン語で水を意味する「アクア」の発売を機に、水をテーマにした自然環境を守るアクションプログラム「AQUA SOCIAL FES!!」(アクアソーシャルフェス)がスタート。3月24日(土)には、東京都と神奈川県にまたがる一級河川であり、流域内人口密度は全国一位の鶴見川流域で、そのプログラムが開催された。

 この日の内容はJR鴨居駅付近から綱島河川敷までの約12kmを、鶴見川について学びながらウォーキングするというもの。途中、遡上してきたばかりの鮎など川に住む生物や、外来種にその存在を脅かされている葦などの植物に実際に触れてみる。

「最初はあまりきれいな川じゃないなと思ってたんです。でも、川って源流が岩なのか泥なのかによって見え方が違うこと。単に水の透明度が高ければ、生物が住みやすいというわけじゃないこと。葦やすすきも大切で、そこに生物のサイクルができている。それを知れば知るほどおもしろくなった」と参加していた20代の男性は話す。

「地球の地べたの種類は3つ。氷の世界か、砂の世界か、雨が降る世界です。そして、雨が降る世界にはかならず川があって、それがジグソーパズルのようにはりめぐらされている。その流域に人々の生活があるんです。

 水害や汚染を防止するための最適解を探そうとするとき、実は、国や行政の単位ではなく、流域の単位で考えることが大事なんだと、そんなことに気づいてもらえたらうれしいですね」と、この活動の意義を話すのは、この日のアドバイザーを務めた、慶應義塾大学教授で鶴見川流域ネットワーキング代表の岸由二氏。

 約50人の参加者には家族連れをはじめ、20代や30代の若者の姿が目立つ。話を聞いてみると、これまでこういったイベントへの参加経験がない人も、FacebookやTwitterなどをきっかけに「なんだか、おもしろそう」と参加する人が多いようだ。

 プログラムは4つのグループに分かれて進行。ランチタイムのミーティングでは、めいめいが「私の川」について語り合い、初対面の人たちもどんどん仲良くなっていく。ウォーキングでは時おり雨にも降られたが、自然の中を歩いていると案外気にならない。ゴール地点の綱島河川敷でのクリーンアップ作業では、みな競いあうようにゴミを拾っていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング