「友だちいないは恥ずかしい?」と孤独について問いかけた本

NEWSポストセブン / 2012年4月8日 7時0分

【書評】『「友だちいない」は“恥ずかしい”のか 自己を取りもどす孤独力』(武長脩行/平凡社新書/756円)

 * * *
「孤独」と「孤立」は異なるもの。人はひとりで生まれるという現実の中で、ひとりになるということは、必要以上に他人に依存せずに社会で生きていける力を養うことだと著者はいう。「孤独」の本来の意味を考えながら、自立についての様々な提言を行なう。

※週刊ポスト2012年4月13日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング