中国の大学に「ネットでバズる」ための授業が登場! 「ソーシャルメディア・セレブ」を目指して日々奮闘する学生たち

Pouch[ポーチ] / 2017年9月14日 11時45分

写真

中国の大学に「ネットでバズる」ための授業が登場! 「ソーシャルメディア・セレブ」を目指して日々奮闘する学生たち

「将来の夢はユーチューバー!」と無邪気に話す子供が少なくない、今日この頃。中国・金華市にある大学「義烏工商学院」では、なんと「ソーシャルメディア・セレブ」になるための授業が行われているらしいのですよ。

こちらの大学が設けているのは、カメラを前にしたパフォーマンスのクラスに、メイクアップや洋服をオシャレに着こなす方法を学ぶクラス。キャットウォークのレッスンにダンスパフォーマンスのクラスなどなど、ごく普通の大学では行っていないであろう授業。

ネットで “バズる” テクを学んで収入につなげるべく、学生たちは日々奮闘しているようなんです。

【ネットで有名になるとお金がジャンジャン稼げる!?】
海外サイト「TODAY weekend」によると、中国における「ソーシャルメディア・セレブ」たちの大半はオンラインでライブストリーミングイベントを行っており、視聴するファンは、投げ銭方式で配信者に換金可能なバーチャルギフトを贈ることができるのだそう。

特に影響力のある人は自分自身のビデオチャンネルで広告収入を得ることもできるため、後に続きたい!と夢を抱く若者は少なくないんですって。

【クラスを受講中の21歳女性の話】
「TODAY weekend」の取材を受けた21歳の女性ジアンさんは、義烏工商学院でモデリングとエチケットのコースを受講しています。33人の他生徒たちと一緒に切磋琢磨し、「ソーシャルメディア・セレブ」目指して、高級ブランドに関する知識や撮影のテクニックなどを学んでいるみたい。

「かわいく着飾って写真を撮ることが大好き。このクラスは自分に合っている」と語るジアンさんは、昼休みの30分を使って動画を配信するほど “勉強熱心” 。

この配信で約980円のバーチャルギフトをもらったらしく、安価ではあるもののこんなにスグに反応が返ってくるのなら、配信活動に余念がないのも納得です。そして若者たちがこぞって「ソーシャルメディア・セレブ」を目指す理由も、よくわかる~っ。

【この流れ、加速するかも】
中国のスマートフォンユーザーは7億人と言われています。市場があまりに大きいですし、誰にでもチャンスがあるという点では夢もある! もしかしたら今後、義烏工商学院の試みに続く大学が増えるかもしれませんね。

参照元:TODAY weekend、義烏工商学院
画像=(c)Pouch
執筆=田端あんじ (c)Pouch

Pouch[ポーチ]

トピックスRSS

ランキング