【動画アリ】ひとり暮らしを始めるみんな~! じゃがいもを約1年間放っておくと「ちょっとした森」になるから気をつけるんだよ〜

Pouch[ポーチ] / 2019年3月19日 9時45分

写真

【動画アリ】ひとり暮らしを始めるみんな~! じゃがいもを約1年間放っておくと「ちょっとした森」になるから気をつけるんだよ〜

この春からひとり暮らしを始めるというみなさんに、ぜひご覧いただきたい動画があるんです。

その動画とは、YouTubeに投稿されている、ジャガイモの芽が伸びていく過程をとらえたタイムラプス映像。

339日間に渡って撮影されたじゃがいもの様子を見れば、芽が出た状態のじゃがいもを放っておくといかに危険(?)なのか、ひと目でわかるに違いありません。

【じゃがいもがみるみる緑色に】
普段自炊をしないと、じゃがいもの管理の仕方なんてわからないもの。すぐ腐ってしまうものでもないので、つい放っておきがちになるのではないでしょうか。

でもね、芽が出始めたら、なるべく早く調理したほうがいいと思うんですよ。

だって観察開始から20日が経過したころには、芽の色が “じゃがいも色” から緑色へと変化。そればかりでなく、じゃがいも本体までもが緑色になってしまっているんですもの。

【成長ぶりがすごい】
やがてしわしわになって、見るからに “養分を吸い取られた” 感じになってしまったじゃがいもは、もはや食べ物には見えません

観察から70日目が過ぎたあたりからは、芽から葉がグングン伸び始めて、多くの人が知り得ないであろう “成長ゾーン” へと突入。みるみる葉が生い茂っていくさまに、圧倒的生命力を感じずにはいられません……!

【ちょっとした癒し効果もあり】
そうこうしているうちに、じゃがいも表面を覆いつくさんばかりに、大きく成長してしまった葉や茎。

芽が出てから間もなくはグロテスクな光景にすら見えたけれども、葉が茂っていく姿を眺めているとなぜだか心地よく、ほんのりASMR要素すら感じてしまいます。

【結論:じゃがいもは早いうちには食べよう】
タイムラプス映像のフィナーレを飾るのは、これまで観てきた映像を高速でさかのぼってゆく「逆再生」

全体を通して「生命の神秘」を感じられるのと同時に、「じゃがいもはなるべく早く食べよう!」と強く思える映像となっておりますので、さっそく視聴してみてはいかがでしょうか。

参照元:YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング