実写版『風の谷のナウシカ』の予告動画!? 宮崎駿監督ファンによる完全自主制作映画の愛と再現度がハンパない〜!

Pouch[ポーチ] / 2019年7月2日 6時45分

写真

実写版『風の谷のナウシカ』の予告動画!? 宮崎駿監督ファンによる完全自主制作映画の愛と再現度がハンパない〜!

1984年公開の劇場版アニメ『風の谷のナウシカ』から約35年。ついに実写版『風の谷のナウシカ』の予告動画がYouTubeに……!?

実はこれ、とんでもなくクオリティーが高い完全自主制作映画。アニメで観た光景が本当に存在しているみたいで、胸がいっぱいになるんです……!

【完成したら無料で公開するらしい!】
実写版ナウシカ『風の姫(WIND PRINCESS)』は、友人関係にあるブラジルの有志たちが集まって、宮崎駿監督へのオマージュとして制作している短編映画です。すでに4年もの月日を費やしているのだそう。

2019年5月2日に公開された予告動画は、1カ月間の再生回数が160万回超と、世界中から注目を浴びています。

完成した暁には、宮崎監督とスタジオジブリのチーム全員に敬意を払うべく、無料でオンライン公開されるそうですよ!

【ジブリ愛が深すぎるよ…】
『風の姫』の監督を務めているのは映像作家のクリス・テックス(Chris Tex)さんで、インスタグラムなどのSNSで撮影の裏側を公開中。

また予告動画の後半にも、ロケのためにわざわざ砂漠へ出向いたり、サンパウロのスタジオでグリーンバックの撮影を行ったりする様子が映し出されています。

ジブリへの愛と情熱だけでここまでしているのかと思うと、感動で目頭が熱くなる~っ!

主人公ナウシカ役の女優さんもイメージにピッタリで、凛とした力強い眼差しに、心奪われてしまいます。

【衣装や小道具を日本で見られるかも!?】
制作チームの最終的な夢は、『風の姫』で使用した衣装や小道具を、東京・三鷹市にあるジブリ美術館に寄付すること。

宮崎監督への感謝と、彼の作品がブラジルのアーティストやファンに多大な影響を与えてきた証を残したい、という思いがあるのだそう。

『風の姫』の制作は編集作業の段階に入っており、完成に向けて協力してくれるパートナーを募集中とのこと。1日も早く、全編を観てみたいものですね!

参照元:YouTube、Instagram @chris_tex
執筆:田端あんじ (c)Pouch

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング