【ホンダ】「存在感」「ブランド力」でも世界一を狙う二輪車大改革

プレジデントオンライン / 2014年5月14日 14時15分

4月には約10種類の新型車が発売された。

■「ホンダはバイクもつくっているんですか?」

ホンダは4月16日、茨城県ひたちなか市の自動車安全運転センターで二輪車の試乗会も兼ねた技術フォーラムを開いた。会場には今年発売される新型車がズラリと並び、その数は50台超。しかも、それぞれのバイクのそばには開発担当者が立ち、熱心に説明を行う。

「今年のホンダ二輪は相当力が入っています。新型車も20数車種出す予定で、4月だけでも約10種類の新型車を投入します。それに、このような大がかりなイベントを開くのは、ホンダの二輪としては初めてのことです」と話す。裏を返せば、それだけ危機感を持っていたわけだ。

ホンダの二輪といえば、販売台数世界一で、その数は1700万台超。そのうえ、高収益を誇り、ホンダの屋台骨を支える。リーマンショック後、自動車メーカーの多くが赤字を計上したなか、ホンダは黒字を確保したが、それは二輪のおかげだった。

ところが、その存在感となると、いまひとつ。BMWやハーレーダビッドソンなどに比べてブランド力は低く、ライダーからは「ホンダのバイクにはアイデンティティが感じられない」「ホンダのバイクは一目でわからない」などと散々。おまけに昨年の新入社員からは「ホンダはバイクもつくっているんですか?」と言われる始末で、さすがにこれには二輪関係者もショックを受けた。

こうした事態を招いたのは言うまでもなく二輪関係者の怠慢で、世界一にあぐらをかき、PR活動を積極的に行ってこなかったからにほかならない。「ホンダの二輪車を理解してもらい、存在感を上げるにはどうしたらいいか」――。そこでまず行ったのが、マスコミを対象にした今回の技術フォーラムだったわけだ。

■全モデルで2割の燃費改善に取り組む

「今後3年間のうちに、ホンダの二輪を変えていく。高い志をもって、全世界の二輪研究所にいる全員で頑張り、世界中のお客様の期待に応えるために、独創性を大事にし、今まで以上にいい商品を供給していく」

本田技術研究所二輪R&Dセンターを担当する野村欣滋取締役常務執行役員。

本田技術研究所二輪R&Dセンターを担当する野村欣滋取締役常務執行役員はこう強調し、そのキャッチフレーズとして「Go for it !(目標に向かって進もう、頑張ってやってみよう)」を掲げる。

それは(1)新世代基礎技術の確立(2)新世界基準のモノ造り(3)圧倒的な環境安全性能(4)魅力溢れる商品コアとパッケージの実現の4つの目標からなる。

例えば、燃費についても、「よりいろいろな人に乗ってもらうために業界ナンバーワンを絶えずキープできるような技術を仕込んでいく」と野村常務は語り、二輪車の燃焼効率を現在の30%から35~40%にまで引き上げる。あわせて車体の軽量化や低燃費タイヤの採用などを行い、全モデルで2割程度の燃費改善を目指す。

4月21日に発売された「近未来」「COOL」がコンセプトのこのバイク「NM4-01」。

また、フロントマスクのデザインをシリーズごとに統一。そして、LEDを活用した光の演出も使いながら、ホンダとしての独立性を確立していく。これによって、ホンダのバイクは一目でわかるようになるそうだ。

そのほか、新しいユーザーを獲得するため、これまでになかったバイクも投入する。その典型が4月21日に発売した「NM4-01」だ。それはまるでアニメに出てくるようなバイクで、「近未来」と「COOL」をテーマに開発し、これまでのバイクとは一線を画した独特のスタイリングが特徴だ。

「これから魅力的なバイクをどんどん投入していきますので、楽しみにしてください」と野村常務。ホンダの二輪車は販売だけでなく、存在感やブランド力でも世界一を狙う。

(ジャーナリスト 山田 清志)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング