投資が2倍楽しくなる"株主優待銘柄"トップ10

プレジデントオンライン / 2019年11月18日 11時15分

※写真はイメージです(写真=iStock.com/triloks)

投資には興味があるけれど、なかなか手が出せないでいる読者も多いのではないでしょうか。どうせ挑戦するなら楽しく始めたいもの。株のお姉さんと呼ばれて親しまれる雨宮京子さんに、株式投資が2倍楽しくなるコツを教えてもらいました。

■なぜ今、株式投資なのか

人生100年時代──男性に比べて女性は長生きなので、より長く楽しい生活を送ることを考えれば、行きつく先はお金になるでしょう。どこかのお役所が、老後に必要なのは2000万円、年金だけでは豊かな生活は送れません──といった資料をまとめましたが、その金額が多ければ多いほど、老後に豊かな生活が待っているのです。

コツコツお金を貯めても、この低金利の時代、お金を殖やすのは難しくなっています。銀行に預けても雀の涙にもならない利息しかつきません。思い切ってお金を殖やすにはリスクテーク──つまり、ある程度、ハイリスクハイリターンの投資をする必要があるでしょう。そこで、おススメしたいのが株式投資です。

なぜ今、株式投資なのかというと、思い切りお金を殖やすという目的のほか、今しか実行できないという理由もあります。基本的に株式投資は余裕資金で行うもの。よく、「人生は株がすべて」と言うかのように、資金の大部分を投入している人もいますけど、無理なく行いたいものです。その点、働いている今なら、自由に使えるお金も多いでしょう。年齢を重ねてから、いざ資金を殖やそうと思って老後に備える資金を投じて、失敗したら大変なことになります。

若いうち、働いているうちなら、万が一失敗してもリカバーできますので、その意味でも今のうちに始めるようにしましょう。

■始める前に知っておきたいこと2つ

株式投資のコツとして大切なのは、楽しみながらやること。よく「好きこそ物の上手なれ」と言いますよね。楽しんでやれば、それだけ物事の上達が早くなります。それは株も同じこと。株式投資でお金を殖やすことが楽しいと思うようになったらシメたものです。

まずは、投資した会社を応援することから始めましょう! 普段、新聞を読むのが億劫(おっくう)、と思っていても、会社を応援するようになると、自然に、その会社のニュースを探すために新聞を読むようになります。自然と新聞を読む習慣がついたら、情報量がそれだけ豊富になり、株式投資以外でも役に立つことが多くなりますよ。

さて、具体的に銘柄を紹介する前に、株で儲ける初歩の初歩である2つの方法を知っておきましょう。

キャピタルゲイン

値上がり益のこと(税金など考慮しないで計算すると、例えば1株50万円で買った株を100万円で売却したら50万円の利益=儲けとなる)。株で儲けるというと、多くの人がこのキャピタルゲインを思い浮かべます。

インカムゲイン

配当金によって稼ぐ利益のこと。また、企業側から株主になってくれたお礼の意味も込めて、株主優待を出す企業が増えています。

どちらを選ぶかは、あなたの好み次第。ですが、ビギナーには最初から大きな利益を狙うことはせず、インカムゲイン、配当金や株主優待を狙うことから始めることをおススメします。

それでは、以下に10銘柄を紹介しましょう。楽しみが倍加するという意味から、株主優待に重点を置いて選んでみました。

■おすすめ銘柄トップ10 10~6位

10位 IBJ(6071)

大きな災害が起きると、絆を求めたくなるそうで、それによって結婚したいと思う独身男女が増えるのだとか。このところ、台風など毎年のように大災害が起きているので、同社のような結婚相談所は大忙しとなりそう。

株式投資というのは、身の回りで起きたことを材料にしますけど、案外、これはバカにできません。成長する期待が大きい企業として評価することができそうです。

9位 ルネサンス(2378)

フィットネススポーツクラブ業界第3位。スポーツジムで身体を鍛えているワーキングウーマンは多いと思いますが、自分が株主のジムに通うなんて、ちょっぴり優越感に浸れると思いませんか?

もちろん、同社の優待はルネサンスの施設が利用できる無料券。株主になって身体を鍛えるのも悪くないですよね。

8位 すかいらーく(3197)

株主優待というのは、せっかくもらっても、使い勝手が悪ければ楽しさが半減となります。いかにお得感がいっぱいでも、自分の生活圏から遠いところにお店があって、優待券を使うことなく有効期限が過ぎてしまった──となるとお話になりません。

そうした意味で、ファミリーレストランの最大手で、ガストやバーミヤン、夢庵など店舗数が多い同社は狙い目でしょう。100株以上で3000円相当、300株以上1万1000円相当、500株以上1万8000円相当の飲食代割引カードがもらえます。優待カードを使ってお腹いっぱい食べましょう。

7位 ひらまつ(2764)

高級フランス料理店、日本料理やホテル事業も展開しています。何か特別な日、いいことがあった時──自分のご褒美に高級レストランでの食事はいかが?

100株以上保有すると、ひらまつ経営レストラン・ホテル利用10%割引、500株以上で同様20%割引の優待制度がありますが、高級フランス料理を1割引で食べられるなんて、ちょっとお得な気分になりますよね。

6位 ソニー(6758)

日本を代表する国際的な企業の1つです。昔はウォークマンで一世を風靡(ふうび)したこともあるなど、今でも技術力の高さに定評があります。「株主特典AV」クーポン(15%割引)「株主特典VAIO」クーポン(3%割引)などの特典があります。

一時期、低迷したことがありますけど、やっぱり「世界のソニー」──今や完全に復活して業績は好調です。日本を代表する企業として応援してみてはいかがでしょうか。

■おすすめ銘柄トップ10 5~2位

5位 シーボン(4926)

スキンケアなど高級化粧品を自社製造する企業。無料ケアサロンなども展開しています。

みなさんは、どんな化粧品を使っているでしょうか? メーカーにこだわりはありますか? 自分が使っている化粧品メーカーを応援、そして株価の値上がりを待つというのはいかがでしょう。

シーボンの化粧品を使っている人なら、投資の対象としておすすめ。

100株持つだけで、8000円相当の化粧品などがカタログから選ぶことができる優待制度が人気です。ただし、継続保有期間は1年以上になります。

4位 ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)

元祖サブカルチャー系のお店。書籍や雑貨、食品やCDなどを手掛けています。レイアウトなど楽しみながら買い物を楽しむことが可能。ネット通販も堅調で、この会社も成長性で買うことができます。

長く保有して、じっくりと成長を待ち、将来の株価上昇を楽しみにするだけではなく、100株以上保有すると株主優待は1万円相当の買い物券がもらえるなどお得感満載です。

3位 三越伊勢丹HD(3099)

年間行事はパリっと決めたいもの。そうなると、フォーマルなものはデパートで購入してビシっと決めたいという人もいるでしょうね。

そんなあなたにピッタリなのが、三越伊勢丹HD。もらえる株主優待カードで10%割引になるんです。100株以上割引限度金額3万円、500株以上割引限度額5万円、1000株以上割引限度額10万円などと持ち株に応じて優待額が変わりますが、3万円の割引って結構大きいですよね。

2位 パルコ(8251)

ファッションビル経営の先駆けで、誰でも知っている会社と言えるくらい有名ですよね。錦糸町パルコは3月にオープンし好調。沖縄にパルコシティが6月オープン、11月オープン予定の渋谷パルコはテナント180店を超えるなど、店舗の拡大で成長が期待できます。

株式投資の基本の1つに、成長性のある銘柄をじっくり持ち続けることがありますが、パルコはその対象になりうるでしょう。100株買うだけで「株主優待クレジットカード」(5%割引)がもらえます。

■おすすめ銘柄トップ10 1位

1位 ワシントンホテル(4691)

(2019年10月18日東証2部に新規上場)

ワーキングウーマンは、全国出張も多い時代になってきました。その都度、ホテルを予約するのも結構、面倒。ここで「株主優待」を活用してサクっと予約ができて、リーズナブルな料金になったらうれしいですよね。

ワシントンホテルは、ワシントンホテルプラザやR&Bホテルなどを展開。特に、R&Bホテルは、女性中心のスタッフで、焼きたてのパン、味付けゆで卵、オリジナルブレンドコーヒーの朝食がなんと無料! 株主優待チケットで予約すると宿泊料金が予約した時点の価格から20%割引(公式サイトや公式アプリまたは電話予約にて)になるのです。

以上、駆け足で10銘柄紹介しましたが、株主優待を得ることを目的とした場合、注意したいのは購入する日です。決算月の権利付き最終日までに買わないと、株主優待や配当金はもらえないので、スケジュールをチェックしましょう。

最後に、皆様の株式投資ライフが楽しく、そしてハッピーになることをお祈りしつつ、結びとします。

----------

雨宮 京子(あめみや・きょうこ)
SBI証券 投資情報部 シニア・マーケットアドバイザー
1987年日興證券入社。独立後、長野FM放送アナウンサー、『週刊エコノミスト』(毎日新聞社)記者、日経CNBC東証アローズキャスター、テレビ東京マーケットレポーターなどで活躍し、現在は「株のお姉さん」として親しまれる。ブログ:https://www.amekyon.com/

----------

(SBI証券 投資情報部 シニア・マーケットアドバイザー 雨宮 京子 写真=iStock.com)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング