1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

「どうせ副業では稼げない」そう考える人ほど本業でも稼げていないという不都合な真実

プレジデントオンライン / 2021年11月2日 10時15分

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/BongkarnThanyakij

副業には手を出したほうがいいのか。Webマーケターで副業情報サイト「副業コンパス」を運営する國富竜也さんは「収入が増えるだけでなく、スキルアップやモチベーションアップにつながる。副業のジャンルが本業と同じであれば、より早く稼げる」という――。

※本稿は、國富竜也『会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす副業の思考法』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。

■「人生100年時代」給料だけでは不安

人生100年時代といわれる現代、会社員としての収入だけで老後まで暮らしていくことは、たいへん難しいと言わざるを得ません。たとえば、「転職」という手段だけでキャリアアップをはかっても、「稼ぎ切る」ことは難しいでしょう。

ですから、「副業」を活用して、本業以外の収入源を確保していく必要があります。

終身雇用が当たり前だった昔は、自社の社員の副業を認める企業はそんなにありませんでしたが、現在は増えてきています。企業側も、社員が収入を増やすためにも、またやりたいことをやる自己実現のためにも、副業を認め始めてきたのです。

早いうちから副業に取り組むことで、会社だけに依存せずに個人として稼ぐ力を得て、安定した将来を手に入れることができるでしょう。さらには、本業ではやりたくてもやれなかったことを副業にすることで、人生の張りも生まれてきます。

副業を考えるとき大切なことは、「やりたいこと、キャリア、生き方、働き方」を考えて目標を立てるということです。また、あくまで本業あっての副業ですから、「本業に関連する業界の経験とスキルを得たい」という人は多いでしょう。

ですから、本業に関連する業界の経験とスキルを得るためには、本業に関連する業界をピックアップして、シナジー(相乗効果)を生みそうなスキルが得られる副業に取り組めばいいのです。

■本業と同じジャンルの副業をしよう

本業と副業が同じジャンル、たとえば私がそうだったように、本業がWebマーケティング会社で、副業としてブログに取り組む場合、本業の8時間でブログを学べますし、ブログについてその道のプロに直接教わることができるので、質の高い情報を得られます。

本業を通して、さまざまな失敗と成功体験を積みながら給料ももらえ、質の高い情報を8時間しっかり学びつつ、経験も同時に積めるので十分にインプットできますし、帰宅後に本業で学んだことを副業としてアウトプットできます。

たとえば、本業と副業が別のジャンルや業界の場合、副業で稼ごうとすると、「本業→帰宅後に学習→副業をする→いろいろな経験を積む→やっと稼げるようになる」という5つのステップを踏むことになります。

一方、本業と副業が同じジャンルの場合、「本業(学習、経験を積む)→副業をする→稼ぐ」というように、3ステップですみます。

成功へのステップ
写真=iStock.com/mangpor_2004
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/mangpor_2004

本業で得た知見を副業に活かすことでシナジーを生むことができれば、副業の収益を最大化させることができ、逆に副業で得た知見を本業に活かすことで、本業の給料を最大化させていくという、一石二鳥が可能となるのです。

■「やりたいこと探し」のために副業をする

お金の面で副業の必要性を感じていると同時に、「本業とは別に、本業ではできない“やりたいこと”を探すため」に副業に取り組む人も増えています。たとえ気になる仕事があったとしても、本業だと気軽に“やりたいこと探し”をすることができないからです。

しかし、副業することによって、部署異動も転職も独立もせず、本業を継続しながら低リスクに、そして気軽に“やりたいこと探し”をすることができます。“やりたいこと探し”に重きを置いて副業をしたいのであれば、まずは気になる副業や仕事をピックアップしてみましょう。

いずれにせよ、「なんのために副業をするのか」という目的を定めることが出発点です。目的を定めれば、その目的達成のためにどんな副業に取り組めばいいのかはっきりしますし、取り組むべき副業がわかれば、どんな準備が必要でどんなはじめ方をすればいいのかもわかります。

■副業してみることで「合わない仕事」もわかる

会社員で、「時間や場所に縛られない働き方を実現できるスキルを得たい」というのであれば、それが実現できる副業を洗い出してみればいいでしょう。たとえば、Webライター、エンジニア(プログラマー)、ブログ(アフィリエイト、サイト運営)、Webデザイナー、動画編集者、サムネイル制作といった副業が挙がるでしょう。これらはパソコンやスマホさえあれば、資金ゼロから始めることが可能です。

副業する目的を決めれば、取り組むべき副業(気になる副業)や、身につけるべきスキルを明確にすることができます。

「好き、得意、やりたいことの3つを満たす副業を考えたほうがいい」と考える人もいるかもしれませんが、それはあまり意味がありません。なぜなら、実際にやってみなければ適性を判断できないからです。

たとえ自分に向いていなかったとしても、「これは自分には合っていないな」と気づくことができれば、違う仕事を選ぶ際の参考にもなります。

また、実際にやってみることで、今まで考えもしなかったことを考えるようになり、そこから選択肢の幅も広がっていく可能性もあります。

ですから、「最も気になる副業に取り組む」ことが重要なのです。

「とにかくやってみよう!」を大切にして、気になる副業に片っ端から挑戦したほうがいいでしょう。それが本業でのスキルアップにつながることもあるからです。

■稼げなくても経験値やスキルがアップする

副業に取り組んでも、必ずしもすぐにお金を得られるわけではありませんが、取り組む過程において、経験やスキルは、必ず得られます。そうして得られた経験やスキルは、キャリアアップにもつなぐことができます。

経験やスキルに目を向けて副業に取り組めば、成長実感も得やすいため継続しやすく、その結果、専門性が身について稼ぐことにもつながり、そこでの経験値が年収アップにもつながるでしょう。

ビジネスのスキルアップイメージ
写真=iStock.com/takasuu
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/takasuu

もし副業で稼げない場合でも、自分が好きなジャンルであれば、その経験やスキルは人生の質や趣味の質を高めてくれます。

ですから、人生100年時代に備えて収入を最大化させることは必要ですが、あくまでも「稼ぐ」をサブ的な目的にするという考えも必要です。

■副業でも結果にこだわろう

また、副業で最も重要なことは、「時給の上がりやすさ」ではなく、「その人の覚悟・気持ち・取り組む姿勢」だといえます。

たとえば金額だけ見れば、「ウーバーイーツで月100万稼ぐ人」もいれば、「恋愛相談で月100万稼ぐ主婦」もいます。

しかし、ただ単にウーバーイーツで商品を運ぶだけの人と、常日頃から「どんな天気と時間帯のときにどんなエリアをどんな交通手段で移動し、どんなルートで配達し、また、どんな服装で活動すると収益を最大化できるのか?」を考えて商品を運ぶ人とでは、結果は当然変わってくるでしょう。

つまり、副業に取り組む際に最も重要なのは稼ぐ額ではなく、その人の覚悟・気持ち・取り組む姿勢なのです。

逆に、「絶対に結果を出す姿勢」がない人は、有益かつ最短で成果が出る方法を教えられても実践しませんし、少しでも成果が出ないとあきらめてしまいます。自分が成長しなければ、時給も上がりません。

國富竜也『会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす副業の思考法』(KADOKAWA)
國富竜也『会社勤めのモヤモヤを吹き飛ばす副業の思考法』(KADOKAWA)

重要なのは、「絶対に結果を出す!」「結果を学びに変える!」「顧客に価値提供する!」など、取り組むスタンスです。

そうしたスタンスのある人は、どれだけ小さな失敗をしても、そこから多くを学ぼうとするため、副業をはじめてもきっと成果を出すことができるでしょう。

「どんな副業に取り組むか」も大切ですが、「どのような姿勢で副業に取り組むか」のほうが、よほど重要なことなのです。

「なんのためにその副業をするのか」「自分がどうなりたいからその副業を選んだのか」を明確にして、気になる副業に取り組みましょう。

----------

國富 竜也(くにとみ・りゅうや)
Webマーケター 副業情報サイト「副業コンパス」運営
立教大学理学部を卒業。新卒で三井住友信託銀行へ入社した後、Webマーケティング会社に転職して編集長を務める。銀行員時代から始めた副業ブログでは、「副業コンパス」というサイトを運営し、わずか2年半で副業月収8桁を達成。現在は、副業コンパスを運営する傍ら、大手レンタルサーバーのメディアに対するSEOコンサル、メディア事業の立ち上げサポート、企業への投資などを行う。副業やブログに関する有益な発信をしており、ブログは月15万人、ブログに関するメルマガの購読者は1万人、twitterフォロワーは8万人を超える。

----------

(Webマーケター 副業情報サイト「副業コンパス」運営 國富 竜也)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください