植物工場・農業ビジネスの海外進出支援サービスを開始

PR TIMES / 2012年6月12日 9時10分



植物工場・農業ビジネスの海外進出支援サービスを開始

革新的な食糧生産技術を活用したCEAビジネスの海外展開
国際CEAコンソーシアム設立/インド・中東などの都市部エリアへの海外進出支援


 NPO法人イノプレックス(本社:東京都渋谷区 代表理事:藤本真狩)では、植物工場や施設園芸などの環境制御技術を活用した「食・農業」ビジネスに関する海外進出を支援するため、新たに“国際CEA※コンソーシアム(ICEAC:International CEA Consortium)”を設立いたしました。

本コンソーシアム機関を中心として今後は、インドや中東などの経済成長率の高い都市部エリアをターゲットにした海外へのCEAビジネスを拡大するため、市場情報・ビジネスマッチング機会の提供、海外市場への新規参入支援、現地企業との共同事業など、海外進出へのビジネスサポートを行ってまいります。

 弊社では約2年間に渡りインド・カルナータカ州、バンガロールに事業拠点をおくHydroponic Greenhouse Technologies社(以下、HGTIPL社) の施設園芸・植物工場ビジネスに関するコンサルティング支援を実施しております。
現地では既に、1エーカーの環境制御型・温室水耕ハウスにてイチゴやハーブ野菜の生産、販売を実施しております。

 今後は、さらなる事業拡大をはかるため、様々な技術ノウハウをもつ企業・大学とのジョイントベンチャーや共同研究機関の設立、インドや中東における都市部での植物工場・施設園芸プロジェクトを進めていく予定です。
また2012年8月末には、インドへの進出について、ご関心のある企業様を対象にした現地視察ツアーも計画しております。


※ CEA: Controlled Environment Agriculture & Aquaponics
環境制御技術を活用した施設園芸・植物工場、魚の養殖・アクアポニクスといった分野。本コンソーシアムでは、ファイトレメデーション(植物浄化)、エコビルディング(Building Integrated Agriculture)といったテーマにまで拡大して、海外への事業展開を支援します。


=====================================================
≪インド・パートナー企業情報≫

■社名: Hydroponic Greenhouse Technologies India Private Ltd
■設立日: 2008年10月
■本社: 102 Saptagiri Meadows 24th Main JP Nagar 5th Phase Bangalore 560078 Karnataka State
■URL: http://www.petbharoproject.co.in/
■代表者: Lt Cdr (retd) CV Prakash

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング