データ伝送用の小型デジタル簡易無線モジュールを新発売

PR TIMES / 2014年2月24日 14時11分

株式会社アクセル(本社:東京都千代田区)の子会社である株式会社ニューゾーン(本社:東京都千代田区)は、
データ伝送用途向けの小型デジタル簡易無線モジュール「NZ211M(免許局)」の販売を3月中旬より開始します。



「NZ211M」はARIB STD-T98に準拠したデータ伝送用途のデジタル簡易無線モジュールで、M2M用途でのデータ伝送
に適しています。
現在業務用途で広く利用されている簡易無線は、2008年にデジタル化が開始されたことにともない、従来の音声通話
用途に加えデータ伝送用途へも活用が期待されています。今回データ伝送用途専用機として開発された組み込みタイ
プの「NZ211M」は、通信費が負担となっている3G回線などの通信に代わり、デジタル簡易無線により安価な(*1)
通信費でのデータ伝送を可能とします。また、特定小電力無線では対応できない長い通信距離のデータ伝送や、3G
回線などの圏外からのデータを回線圏内まで中継する用途も期待できます。
*1)デジタル簡易無線免許局は1W以下で新規申請料(電子申請 2,550円)と、翌年から電波使用料(年間 500円)
が必要です。

●主な特徴
・機器内蔵、組み込み用の小型モジュール形状
・データ伝送用無線モデム機能を持ち、外部インターフェースにTTLシリアルを採用
・外部制御装置からTTLシリアルインターフェースで無線機の各種設定・制御が可能
・チャネルの複数設定が可能で、空きチャネルに自動移行するチャネルサーチ設定が可能

●主な用途
・侵入や盗難などの各種センサーの信号や画像を遠隔地へ伝送
・農場、牧場での生育状況・出産管理などのデータ・画像を伝送
・プロパンガス、自販機などのメーター・在庫データを伝送
・気象センサー、崩落センサーなどの収集データを伝送
・ダム・河川、工事現場などの画像監視データの伝送

●主な仕様
標準規格    :ARIB STD-T98準拠の1W・免許局
使用周波数   :467.00MHz~467.40MHz (65CH)
変調方式    :4値FSK
電波の形式   :F1D・F1E
信号伝送速度  :4800bps
動作温度範囲  :-10℃~+60℃
電源電圧    :DC7.2V
寸法      :86.6×46.2×12.1mm
重量      :36g
消費電流    :1W送信時・700mA以下 スタンバイ時・65mA(Typ)
インターフェース:TTLシリアル・4800bps/9600bps

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング