今までにない男性をターゲットにした、ちょっと変わった新築マンション登場

PR TIMES / 2012年6月5日 10時38分



株式会社三福管理センターではこんなマンションは今までにない・・・そんなコンセプトマンションをプロデュースしました。
 松山城の麓、若草町に誕生した『グランシェル若草町』は、通常のマンションとは一味違うデザインが施してあります。
 赤、白、黒で織りなす和風モダンの外観には鳥居のモチーフが。
エントランスには重厚な扉。その重い扉を開くと、真っ暗闇の廊下。その廊下には幾重にも連なる不気味なLED電気内蔵の鳥居。そしてその鳥居の奥には甲冑の姿が。
初めての人がマンションに入ったらちょっと怖いという不思議なコンセプトマンションです。
 部屋部分は、4F建のうち、1Fにはリビングに隠れ部屋が。クローゼットの入り口を抜けると、リビング下に隠れられるスペースへとつながります。用途は自由自在。
4Fにはロフトが設置され、しかもロッククライミングが楽しめるスペースがあります。趣味も暮らしも有意義に送りたい方には最適です。
 我が家のはずなのに戻るたびに不気味な空間の広がるグランシェル若草町。決して心地よい空間ではないこのマンション。なかなか新築で建築するには勇気がいるマンションとなっています。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング