[北畠徹也氏による[セミナー]  注目のSNS「Google+」の活用に重点置いたセミナー。 講師は3週間でFacebookにおける7万以上の「いいね!」を獲得

PR TIMES / 2012年1月13日 11時59分



今や日本国内におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者は、国内ネットユーザの45%にあたる4289万人(2011年12月時点、ICT総研調べ)とも言われ、企業の求職活動やその他ブランディング、求職者の転職、新卒者の就職活動など、個人の趣味にとどまらず社会、経済などあらゆる面で活用が進んでいる。

こういった中で、SNSサービス大手「Facebook」のファンページで、3週間で7万人以上の「いいね!」を獲得した株式会社テラ・インターナショナル(東京・渋谷区、北畠徹也社長、)は、SNSの活用を目指す企業、個人向けにFacebookやGoogle+といったSNSの最新の活用方法、運用方法のノウハウを提供する「ソーシャルメディア活用セミナー」を2月6日から東京・日本橋本石町の東洋経済新報社経済倶楽部(9階)セミナーホールで開催する。

今回のセミナーは、SNSの中でもグーグルが提供するSNSサービス「Google+」の運用方法、活用方法に重点を置いていることが大きな特徴。Google+は、他のSNSサービスに比べて、SNS上で知り合った人を自分の好きなようにグループ分けできる「サークル」機能や、「ハングアウト」と呼ばれる無償のビデオチャット機能等を備えている。使いこめば使い込むほど、グーグルのサービス全体がより便利になるとも言われており、今注目を集めているSNSサービスの一つとなっている。

今回のセミナーは、初級・中級者コース、上級者コースの2コースを用意。初級・中級者コースでは、SNSの概要、Google+の優位性、サークルやハングアウトの仕組み、利用方法、マーケティングの方法等についてのノウハウを提供。上級コースでは、さらに進んだハングアウトの利用方法、グーグルクロームなどとの連携、フォロワーの増やし方、フォロワーとのコミュニケーションの取り方など、より具体的に戦略的にGoogle+を活用するためのノウハウを満載した「噛めば噛むほどおいしい」セミナーとなっている。(複数回受講可能)

北畠社長=写真=は、「ありとあらゆる問題を解決できるのがソーシャルメディア・ソーシャルネットワークの良さだと考えており、SNSを使って優秀な人材を集めたいと考えている法人、自己表現がしたい方、ブランディングを確立したいと考えている中小企業・大手企業、メディア関係者など多くの方々にぜひ参加していただきたい」とし、「2月中に実施するセミナーで延べ8000人の参加者を予定、これだけの大規模なセミナーは、世界でも初めてではないか」と話している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング