『大学と専門学校の就職、および資格取得状況比較 調査報告 2012.Vol.1』

PR TIMES / 2012年1月23日 15時15分



高校生の進学・就職をサポートする NPO法人高校ネットワーク(東京都新宿区/代表:赤岡広章)では、この度、高校生の進学率や大学生の就職率に関し多くのデータを持つ「株式会社 大学通信」と商業実務系専門学校の最大手である「学校法人 大原学園」の協力を得て、2010年度卒業者のデータをもとにした大学と専門学校の就職や資格取得状況について調査レポートを作成いたしました。

≪大学と専門学校の就職状況や資格取得状況を比較すると?≫
今後ますます厳しくなる就職状況を見据え、若者はどのような道を選べばよいのか?大学か専門学校か?さらに細かな学部分類ごとの対比は?当団体では高等教育への進学を控えた若者や、その保護者の方々に有益な情報を提供すべく、今回の調査レポートを作成しました。
大学文系学部の中で学部数、学生数ともにもっともメジャーな存在といえる関東地区の大学の商・経済・経営系学部の就職率(*1)をはじめ、安定した就職先として再び人気を集める公務員就職者数(*1)、さらには代表的な国家資格である公認会計士の合格者数(*2)などの数値を、同系統の設置コースを持つ学校法人大原学園の実績と照らし合わせ、分析しました。
*1 データ提供:大学通信、*2 出典:公認会計士三田会

≪調査の背景≫
1)厳しさを増す就職戦線
2008年の世界的金融危機による景気後退以降、日本の若者をめぐる雇用環境は厳しさを増しています。文部科学省の学校基本調査によると2010年3月大卒者の就職率は前年比7.6 ポイント減の60.8%と、かつての就職氷河期を下回る内定率を記録し、下げ幅としても1948年の調査開始以来最悪の数値となりました。
その後2011年3月大卒者の就職率は61.6%(※同調査の速報値)とやや持ち直したものの、依然として厳しい状況には変わりはありません。
加えて、昨年3月11日に起こった東日本大震災による影響で、広範囲な被災地から大都市圏へと若者が流れるなど、単なる景気悪化などとは異なる動きも見られ、まさに就職戦線は予断を許しません。
2)就職率においては大学を上回る専門学校
こうした厳しい雇用環境が続く中、大学の就職率60.8%に対し、専門学校は77.7%と、専門学校の就職率は大学を上回る数値を保っています。(2010年度学校基本調査)
こうした背景を受け、減少傾向にあった高校新卒者の専門学校への進学率も昨年6年ぶりに1.2ポイントアップし15.9%と回復。さらには4年制大学卒業後に専門学校に入り直す学生も増加するなど、「就職に有利」という専門学校の特色が見直されています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング