サントリー 「なっちゃん」新CM 初の男性キャラクターは松田翔太さん! 謎の旅人が「なっちゃん」のおいしさに驚き 突然、列車で歌いだす!2月14日(火)から全国オンエア開始

PR TIMES / 2012年2月8日 9時17分



サントリー食品インターナショナル(株)は、「なっちゃんオレンジ」のリニューアル発売に合わせて、TV-CMに俳優の松田翔太さんを新しく起用し、新TV-CM「列車」篇(15秒・30秒)を、2月14日(火)から全国でオンエアします。

■TV-CMについて
◇「なっちゃん」のTV-CMに、初の男性キャラクターとして松田翔太さんを起用!
「なっちゃん」は1998年の発売以来、たいへん多くのお客様にご愛飲いただいているロングセラーブランドです。歴代のイメージキャラクターには、初代「なっちゃん」の田中麗奈さんをはじめ、堀北真希さん、桜庭ななみさんといったフレッシュな若手女優を起用。様々な女優さんが「なっちゃん」を演じてきた一連のCMはご好評をいただきました。今回、男女問わず今まで以上に幅広い世代の方々に「なっちゃん」の魅力を訴求していくため、従来の広告シリーズを刷新。「なっちゃん」初の男性イメージキャラクターとして、俳優の松田翔太さんを起用しました。

◇2年前からおいしくなっていた「なっちゃん」に今頃気付いた旅人が、突然歌いだす!?
新TV-CM「列車」篇の松田さんの役どころは、世界中を旅する謎の男。久しぶりに日本へ帰国し列車の旅を楽しんでいる途中、ふと「なっちゃん」を飲むといつの間にか果汁感がアップしおいしくなっていたことに驚き、「し~らな~い う~ちに~おいし~くぅ なっていたぁ~♪」と思わず替え歌を歌ってしまう、ちょっぴり風変わりなキャラクターを演じています。
「なっちゃん」がリニューアルして、さらにおいしく生まれ変わったのは、今から約2年前のことですが、世の中の動きから取り残されていた放浪の旅人・松田さんの存在を介して、「2年前からおいしくなっていた、なっちゃん」というメッセージを訴求しています。コミカルな演技からシリアスなお芝居まで、さまざまな役どころを演じてきた松田さんの、どこか昭和の映画スターを彷彿とさせるクールな佇まいと渋い歌声は、本CM最大の見どころです。哀愁とユーモアを散りばめた「なっちゃん」の新CMにご期待ください。

■CMストーリー
「列車」篇(30秒)
とある海岸沿いを走る列車に乗り、男(松田翔太さん)が一人旅をしています。席にもたれかかり、車窓から景色を眺めながら、おもむろに「なっちゃん」を飲む男。ゴクッとひと口飲んで、フウッと息を吐くと、いきなり歌を歌い始めます。「し~らな~い う~ちに~おいし~くぅ なっていたぁ~♪」。野太い歌声が静かな車内に響き渡ると、前方の席に座っていた若い女性2人組が、男の方をちらちら振り返りながら、「知らなかったんだぁ」とヒソヒソ話を始めます。そうした周りの目など気にもせず、「だ~れも お~しえ~て く~れ~なか~ったぁ~♪」となおも歌い続ける男に、「友達いないんだぁ」と哀れむような眼差しを向ける女性たち。ここでシズルカットがインサートされ、再び画面が切り替わると、「2年前からおいしくなってた。サントリーなっちゃん」というナレーションが入ります。最後は、歌い終えた男が、再び「なっちゃん」を飲み、窓の外を眺めながらクールに決めるカットで締めくくります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング