ジャー炊飯器誕生から40周年 三菱オリジナル・プレミアム米を作ろう! 「40周年記念プロジェクト」スタート

PR TIMES / 2012年3月12日 19時2分



ジャー炊飯器誕生から40周年
三菱オリジナル・プレミアム米を作ろう!

「40周年記念プロジェクト」スタート
3月12日(月):スペシャルサイトOPEN

スペシャルサイトURL : http://www.MitsubishiElectric.co.jp/home/suihanki/anniversary



三菱電機株式会社は、三菱電機ジャー炊飯器の誕生から
40周年を迎えることを記念して、3月12日(月)より
「40周年記念プロジェクト」を開始致します。
ジャー炊飯器の歴史は、三菱電機が、1972年に業界初(※)となる、
ごはんを炊くだけの「電気炊飯器」と保温専用の「電子ジャー」を融合した
「ジャー炊飯器」を発売したことから始まりました。

40周年記念プロジェクトの一環として、オリジナル・プレミアム米を、
日本有数の米どころとして知られる宮城県登米地区で栽培する
『三菱オリジナル米栽培プロジェクト』を実施します。
また、3月12日(月)には、三菱電機と炊飯ジャーの40年の歴史を紹介する
コンテンツなどを展開した『40周年記念スペシャルサイト』を
オープン致します。更に、クイズに答えて応募するとお米やごはんのお供が当たる
『プレゼントキャンペーン』も同時にスタート致します。

その他、「炭」と「連続沸騰」にこだわり抜いて、
かまど炊きのおいしさを再現し、新機能「炊分け名人」を搭載した
三菱電機の最上位機種『蒸気レスIH ジャー炊飯器』を
40周年記念モデルとして発売致します。

(※):1972年3月発売


<40周年企画 「三菱オリジナル米栽培プロジェクト」>
数々のプレミアム米が生まれ、日本有数の「米どころ」として知られる
宮城県登米地区で、三菱オリジナル・プレミアム米3品種
(「ひとめぼれ」「東北194号」「ミルキープリンセス」)を栽培します。
地元のお米マイスターを有する有限会社 高清水食糧 佐藤さん監修の下、
本格的なおいしさを追求。
かまど炊きと相性の良いこのオリジナル品種は、三菱電機の蒸気レスIHとも
よく合い、炊き分け機能を存分に楽しめる食感や味の違いをお楽しみいただけます。
また、収穫したお米は11月末に実施されるクイズ・キャンペーンにて
プレゼントを予定しております。

【オリジナル・プレミアム米】
■ひとめぼれ:
全国2位の作付面積を誇る人気品種。
発祥の地である登米地区で栽培されたプレミアムな味をご賞味ください。

■東北194号:
あっさりした食味が特徴。まだ一般販売されていない希少価値の高い新品種です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング