「ガラスびんアワード2011」各優秀商品決定 ~宝酒造株式会社が最優秀賞を受賞~

PR TIMES / 2012年3月16日 9時13分



日本ガラスびん協会(会長 丸橋吉次/東京都新宿区)は、2012年3月15日(木)、東京會舘(東京都千代田区)にて「ガラスびんアワード2011 授賞式」を開催いたしました。

同アワードは、私たちの生活の様々なシーンで使用されるガラスびんについて、ガラスならではの独特のデザイン性に加え、優れた機能性や環境性を備えた商品を評価するとともに、各審査委員の個人賞などを設け多角的、総合的に優れたガラスびんを表彰します。

ガラスびんは、多様なデザイン性と飲料や食品などの鮮度を守る長期保存性に優れ、何度でも再生できる環境にやさしい容器として長く親しまれてきました。
当協会では、昨今の環境意識の高まりや中身の安全・安心を求める声を背景に、ガラスびんの持つ特性や優位性を広く社会に発信し、改めてガラスびんの持つ魅力を伝えたいと考えております。

本年度は、ご応募頂いた121エントリー(254本)もの商品の中から、昨年度に引き続き審査委員長を務めたリリー・フランキー氏と、気象予報士として活躍する傍ら、環境分野に精通し、諸般問題への取組みに熱心な根本美緒氏により、「デザイン性・機能性・環境性」の3つの指標を中心に評価していただきました。その中で、宝酒造株式会社の『宝焼酎 「JAPAN」』 『宝焼酎 「JAPAN」〈純金箔入〉』『宝焼酎 「JAPAN」〈DELUXE〉』は、今の時流に合っていることも評価され、ガラスびんアワード最優秀賞に選ばれました。その他に、デザイン優秀賞(1点)、機能優秀賞(1点)、環境優秀賞(1点)、リリー・フランキー賞・根本美緒賞(各1点)、日本ガラスびん協会特別賞(2点)が選定されています。



【ガラスびんアワード 2011 審査会 受賞理由と講評】

受賞理由
■最優秀賞
(宝酒造株式会社『宝焼酎 「JAPAN」』 『宝焼酎 「JAPAN」〈純金箔入〉』『宝焼酎 「JAPAN」〈DELUXE〉』)
「ガラスびんの透明感を生かしつつ、日本の伝統美をイメージさせるデザイン性に優れていて、復興に向かって進む今の日本を元気付ける象徴のような商品」という今の時流も含めた審査委員の評価をいただき、「宝焼酎「JAPAN」、宝焼酎「JAPAN」〈純金箔入〉、宝焼酎「JAPAN」〈DELUXE〉」が、最優秀賞に選出されました。

■デザイン優秀賞
(サントリー酒類株式会社『トリス700ml』)
「ガラスびんの持つ強さと誠実さ、高級感の中にもかわいらしさを感じるデザインで、中身だけで終わらないていねいなモノ作りに、消費者から長く愛される事が分かる優れた商品」という審査委員の評価をいただき、「トリス700ml」が、デザイン優秀賞に選出されました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング