シティカードジャパン、中小企業経営者向けの「ダイナースクラブ ビジネスカード」を発行、ダイナースクラブカード新ラインナップ

PR TIMES / 2012年4月9日 17時9分



シティカードジャパン株式会社(以下、シティカードジャパン)は、本日、ダイナースクラブカードの新ラインナップである「ダイナースクラブ ビジネスカード」を2012年4月9日より発行することを発表しました*¹。本カードは中小企業経営者をはじめ、開業医、歯科医、弁護士や個人事業主を対象にしており、従来の交際費や出張経費の決済に加え、オフィス関連費用や経費の精算など、様々なビジネス上のニーズに対応します。また、2012年度中に、会計ソフトとカード利用データを連携させる機能も付加する予定です。
日本国内の中小企業約430万社の経営者のうちビジネスカードの普及率は全体の四分の一程度に留まっており、経費支払いには個人カードや銀行振り込み、現金が利用される傾向が高いといわれています。法人格を持たない個人事業主に対しては一般的な法人カードは入会規準に制限を設けられていることが多く、ビジネスカードに対する認知が低いのが現状です。当社ではビジネスカードの利便性と利点をこのセグメントに訴求することで、今後3年間で50,000人の会員獲得を目指します。

「ダイナースクラブ ビジネスカード」は、一般的なビジネスカードでは提供されていないリボ払いや、キャッシングサービス、ローンを提供します。本カード会員の従業員に発行される追加カードのダイナースクラブポイントは一括して基本会員に加算されます。また、ダイナースクラブの全サービスに加え、ダイナースクラブプレミアムカードと同様のゴルファー保険も付帯しています。その他、本カードのメインサービスの詳細については、以下をご参照ください。

ダイナースクラブ ビジネス・コンシェルジュ
経営上の疑問や課題について専門家が無料で相談に応じる業界初のサービスです。会員の要望を専任担当者が電話で伺い、解決策や調査データを3営業日以内にコンシェルジュ・レポートとして提供します。業務の効率化を後押しする「専任アドバイザー」としての利用を見込んでいます。更に専門的な相談については、会員特別価格にて各分野の専門家を紹介します。

ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ
本カード会員は、「ダイヤモンド経営者倶楽部」*²が運営する会員用の「銀座サロン」を無料で利用できます。同サロンではダイヤモンド社刊書籍を閲覧でき、打ち合わせ、商談、空き時間などに活用できます。また、オープンセミナーにはビジネスカード会員優待価格で参加できます。


ダイナースクラブ ビジネス・オファー
ダイナースクラブ ビジネスカードでの決済で、オフィス関連用品の購入や事業に必要なサービスを特別価格が提供される優待加盟店プログラムです。例えば、オンライン会計・給与・販売管理システムの初期登録料が50%、月間利用料が20%それぞれ割引されるほか、会計記帳や給与計算の代行サービスの初期費用が50%、月額利用料が15%それぞれ割引で利用できます。あわせて、税務顧問、税務申告サービスや相続・事業承継支援サービスの初回相談料が無料となります。

「ダイナースクラブ ビジネスカード」のサービス内容については、添付資料、または専用ホームページ(http://www.diners.co.jp/business) をご参照ください。

シティカードジャパン、マルコ・レヴェルディート代表取締役社長は以下のように述べています。
「ダイナースクラブ ビジネスカードは、中小企業経営者や個人事業主を主なターゲットとしています。中小企業は日本の企業数の約95%を占め、日本経済・産業を支える大事な柱だと考えております。ビジネスでのカードの利用を促すことで、日本の中小企業経営者や個人事業主がより円滑かつ効率的に業務を遂行できるよう支援してまいります。」

*¹ シティカードジャパンは1977年よりコーポレートカードを提供していますが、これは主に大企業向けに提供するもので、本ビジネスカードは異なります。
*² ダイヤモンド経営者倶楽部はダイヤモンド社が次世代産業の中核を担う中堅・ベンチャー企業経営者の多面的支援を目的として設立。詳しくは:http://www.dfc.ne.jp/ をご覧ください。


報道関係お問い合わせ先:
03-6270-9848




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング