横浜にある医学部受験予備校、横浜メディカルアークが医系のAO・推薦入試対策講座を開始! ~本物の合格力を育むために~

PR TIMES / 2012年3月23日 9時15分



■概要
株式会社Arco-Irisの運営する医学部受験予備校横浜メディカルアーク(MedicalArk)は、近年劇的に増加した医系AO・推薦入試枠に対応すべく、ギガビジョン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:南波 幸一) の協力を得て、2012年度4月より、医系AO・推薦入試対策コースを設置します。首都圏に在住していない生徒も、インターネットを利用した受講が可能です。


■背景
・深刻な医師不足
近年大きな問題となっている都市部における患者の「たらい回し」やへき地における「無医地区」の問題は、極度の医師不足に大きな原因があります。この「地域医療崩壊」というべき事態に対して、政府は近年「緊急医師確保対策」によって医学部の定員枠を増やす政策をとっており、国公立・私立大学で200名以上も定員枠が増加する流れとなっています。

・推薦・AO枠の増加
「地域医療の再生」のための新たな枠ですので、この枠の入学者は卒業後、「地域医療」に従事してもらう必要があります。そのための動機付けの一環として、6年間の学費は貸与され、卒業後数年地域医療に貢献することでこの返済義務が免除される等の方策がとられています。当然、入試の形態は卒業後地域医療に貢献する意志があるかどうか、医療に従事するにふさわしい人間性を持っているかどうかが問われることとなります。
これに対抗して優秀な学生を確保するため、私立大学でもAO・推薦の枠は増加する流れとなっています。つまりこれから医学部入試においては、AO・推薦枠を視野に入れるのは必須であると言えるでしょう。

・医系AO・推薦で問われていること
すべてのAO・推薦入試で問われているのは、その生徒が「自ら考え」「問題の創造的解決策を模索し」「行動し」「問題解決のためのコミュニケーションする」ことができるかどうかです。さらに厳しい倍率の医系AO・推薦入試においては「圧迫面接」が当たり前で、その場しのぎの直前対策では到底太刀打ちできません。


■横浜メディカルアークのAO・推薦対策コース
横浜メディカルアークのAO・推薦対策コースでは、以下の3つの取り組みによって医療従事者にふさわしい人間性を高めていきます。

・面談セッション
生徒の興味・関心、過去の経験の掘り下げから、志望理由書の作成、面接の練習まで、最低1月に4回、しっかりとした形になるまで徹底して行います。さらに医学部の面接では、医療に携わるにふさわしい人間性までが様々な角度から問われます。参考書に書いてあることの丸暗記ではなく、患者や医療従事者の立場から実践的に想像・思考する訓練を通じて、医療従事者にふさわしい想像力や共感性を高めていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング