検疫ネットワークアプライアンス「QuOLA@Adapter」Windows8、Androidウィルス、Adobeバージョン検疫に対応

PR TIMES / 2012年12月13日 11時15分

このたび、日立電線ネットワークス株式会社は、自社開発・販売をしている検疫ネットワークアプライアンス「QuOLA@Adapter」(クオラアダプタ)の機能強化を行い、「QuOLA@Adapter Ver.4.02」として、本日より販売開始致します。



 近年、企業の情報ネットワークに対する安全意識が高まっています。セキュリティ対策が不十分なPC等の接続によるウィルスの拡散や、接続が許可されていない利用者による情報の漏えい、ネットワークの不正利用等、従来は安全と考えられていた内部からのネットワーク接続においてもセキュリティの確保が重要となってきており、検疫ネットワークシステムを導入する企業が増加しつつあります。しかし、検疫ネットワークシステムを実現するためのソフトウェアは高価なものが多く、安価に導入できる製品が求められていました。このようなニーズに対応するため、日立電線ネットワークス(以下、「当社」とします)では、検疫ネットワークアプライアンス「QuOLA@Adapter」を開発し、販売してきました。


【Ver.4.02 機能強化の概要】

■検疫対象OSの拡充 -Windows8、Android、iOS(※1)対応-

 昨今、企業におけるスマートデバイスの利用が急増しておりますが、同時にウィルス対策も心配されております。今回当社では、特にセキュリティ管理が難しいとされるAndroid端末のウィルス対策に注目し、ウィルス対策アプリなどアプリケーションのインストール有無をチェックし、管理者のポリシーに従ったネットワーク接続制御ができる機能を実装しました。本機能により、ウィルス対策アプリがインストールされていない端末や、逆に禁止したいアプリがインストールされている端末を、ネットワーク接続不可とすることができます。さらに警告画面を表示し、必要アプリのインストールや禁止アプリの削除を促すことで、ユーザ教育の効果も高まります。既存機能のシミュレーションモードと組み合わせれば、ネットワークには接続させた上で警告画面のみを表示する運用も可能です。また、検疫結果ログにはOS情報も含まれているので、マルチデバイスの利用環境下におけるセキュリティ状況、アクセス状況の可視化にも活用できます。

 さらに、PCのOSとして新たにWindows8に対応しました。今後もPC・スマートデバイスなど最新OSの検疫に対応し、幅広い端末のセキュリティ対策をサポートします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング