新宿に、“中高生の駆け込み寺”出現!? 『出張受験相談所 by 中高生のあるある研究所』 ~ “ゆとり世代”大学生著者による、中高生の悩みにリアルに向き合うイベント開催~

PR TIMES / 2012年3月28日 17時41分



株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(東京都千代田区)は、2012年3月30日(金)、紀伊國屋書店 新宿南店2階イベントスペースにて、イベント『出張受験相談所 by 中高生のあるある研究所』を開催いたします。これは、平成生まれの現役大学生が書いた書籍『中高生の勉強あるある、解決します。』の著者による、中高生対象の勉強相談会イベントです。

■「帰宅部、ネガティブ、Youtube」の高校生 ⇒ 月間8万PVブロガーへ。                
 著者の池末翔太さん(明治大学)、野中祥平さん(慶應義塾大学)は、「帰宅部・ネガティブ・Youtube」という、特に熱中するものもなく、勉強をしない理由を学校のせいにするなど、モヤモヤとした高校生活を送っていました。ところがある時期から、他者批判や自己否定をするのではなく、自分のダメな部分や状況を認めたうえで「じゃあ、ど~する?」と考えるようになり、自ら工夫を始めて勉強法を見出し、大学への現役合格を果たしました。
 この経験をもとに、「中学生・高校生のあるある研究所」というブログを開設したところ、評判を呼び、現在、月間8万PVを記録、朝日新聞にも紹介される人気ブログに。そして、『中高生の勉強あるある、解決します。』というタイトルで書籍化され、たちまち3刷となるなど、多くの中高生のファンを持つ人気ブロガーとなっています。
 今回のイベントは、そんな著者の2人による、はじめてのリアル勉強相談会となります。当日は、今まで決して明かさなかった “秘密の悩み解決シート”を使って、著者の2人に無料で相談をしていただけます。

■著者の想い 「『できるかも!』 そんな一歩を、 伝えたい。」   
 イベント開催にあたり、著者よりコメントをいただきました。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「やる気がでない、私はダメだ。」「どーせ私は頭がよくないから、無理。」。このように『自分に希望を持てない状態』で勉強をがむしゃらに頑張っている中高生は少なくありません。
 そんな人たちに、『もっと頑張れ!』『こうしなさい!』って言ってよいのでしょうか。こんな言葉を聞き、高校時代の僕は、頑張れない自分が嫌いになり、余計に悩んでいました。だから、僕たちは、「悩んでも大丈夫。まずは、5つの解決策から、どれか選んでみよう。」というメッセージを伝えています。今回の相談会でも、『勉強の悩みを解決』し、『私って、まだまだいけるかも!』『悩みは”私”が行動すれば、解決に向かうんだ!』という、ポジティブな視野の広がりを体感してもらえればと考えています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング