~ 名駅近くのちょっとウラ、私のいきつけ。 ~ 名古屋クロスコートタワー 商業ゾーン 「チカマチラウンジ」が 平成24年7月末 開業!

PR TIMES / 2012年4月20日 11時33分



 株式会社中部経済新聞社(名古屋市中村区 代表取締役社長 加藤 渉)は、平成24年7月開業予定の名古屋クロスコートタワー(仮称:新中経ビル)に商業ゾーンをオープンします。開発コンセプトは、『名駅近くのちょっとウラ、私のいきつけ。』-。魅力的な物販店舗と多様なニーズに応えた活気あふれる地下1階の飲食ゾーン「チカマチラウンジ」で構成する、環境と一体になった商業施設です。変貌を遂げる名駅地区の新たな拠点・名所たりうる場所を創出してまいります。ご期待下さい。

【施設概要】

●名称     名古屋クロスコートタワー (仮称:新中経ビル)

●所在地     愛知県名古屋市中村区名駅四丁目4番10号

●建築概要   地下2階 地上17階 高さ72.6m

●延床面積   30,100m2

●店舗面積   1,292m2 (1F:408m2  B1F:884m2 )

●オフィス面積 16,450m2


【施設コンセプト&テナントゾーン】
[チカマチラウンジ]
「毎日」のランチサポートと「わざわざ来たくなる」を両立したスペシャリティ&カジュアルダイニング

●コンセプト
 オフィスワーカー支持の高いカジュアルな業態や和業態を中心に
 スペシャリティ(専門性)とコストパフォーマンスの両立を目指します。
 駅近+オフィス街であることからも、多様な利用シーン(昼/夜、 
 個人/グループ)に対応できる業態集積を狙うことで、休日には
 わざわざ来たくなる「特別感」の醸成にも繋がりをもたせた「昼」と
 「夜」2つの顔を持つ、活気あふれるダイニングを創造します。 
 
●ターゲットイメージ
 ・館内および周辺ビルの30~60歳代の男性ワーカー
 ・近隣の30~40歳代女性ワーカー
 ・周辺ビル、施設利用者

【■ MDプラン-1】

[1F]オフィスニーズとエリア環境にふさわしいMD(マーチャンダイジング)の導入

・ワーカーの利便ソリューション
 デイリーサポート/アウトドア 【2店舗】
昼夜のワーカー需要を十分に補完するコンビニエンス機能と、発信性があり、地元の顔である老舗店舗のレイアウトで、 オフィスニーズとエリアニーズを獲得します。

●業態イメージ:コンビニエンスストア ・アウトドアショップ
 
 業種:コンビニエンスストア 
 店舗名:セブン-イレブン 名古屋クロスコートタワー店

 業種:山用品、山スキー専門販売店
 店舗名:駅前アルプス

【■ MDプラン-2】
[B1F]多様な利用シーンに対応する2つのスペシャリティゾーンで構成

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング