狭き門になりつつある公務員試験を突破する 「公務員 GW 特別講座」

PR TIMES / 2012年4月25日 18時24分



2012年4月25日 No.12-038
株式会社東京リーガルマインド

====================================
狭き門になりつつある公務員試験を突破する 

「公務員 GW 特別講座」

5月3日(木・祝) 、4日(金・祝)、5日(土・祝)LEC 池袋本校にて
====================================

各種資格・国家試験の総合スクール東京リーガルマインド(LEC)は、
5月3日(木・祝) 、4日(金・祝)、5日(土・祝)に、LEC池袋本校にて、
今年の都庁・特別区・市役所職員採用試験の受験を控えた方を対象に、
『GW特別講座』を実施いたします。
その他の資格試験においても、4月28日(土)~5月6日(日)に特別講座を実施いたします。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
LECの公務員講座受講生数もじわじわと増加
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
充実の福利厚生や安定した職場環境などの魅力から、
公務員は就職、転職先のひとつとして人気が高く、
学生を中心に公務員志望者は年々増加している傾向にあります。
また、昨年3 月の東日本大震災後には、
復興に向けて懸命に取り組む多くの公務員の姿を見て、
「社会や人の役に立つ仕事に就きたい」と、
公務員を志す方も多数見受けられます。
LECの公務員講座の受講生数も、
2002~2006年、2007~2011年の5年間で約1.3倍(※)増加しています。

(※)国家総合職、地方上級・国家一般職、市役所試験対策講座延べ申し込み件数を基に
下記の計算式で算出しました。

増加率(%)=
2007~2011年受講申し込み件数(延べ人数)合計÷2002~2006年受講申し込み件数(延べ人数)合計×100

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自治体公務員の人気を受けたピンポイント講義
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ゴールデンウィーク明けの5月6日(日)には、
都庁、特別区の採用試験が実施され、
各種公務員採用試験が本格スタートしていきます。
LECでは、本番を直前に控え、
まとまった時間を取ることができるこの連休を有効活用し、
自信を持って試験に臨んでいただくことができるよう、
以下のような特別講座をご用意いたしました。


■講座概要 

○タイトル

 公務員 GW 特別講座

○開催日

 2012年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)  

○内容

 都庁・特別区市役所「時事・社会事情」ヤマあて講座 <全1回> 

 日時:5月3日(木・祝) 10:00~12:30  受講料:4,500円

 担当:猪俣 直樹 LEC専任講師

 [講演内容]
 東京都庁・特別区で出題が予想される時事問題についての厳選し、解説します。

 -----------------------------
 
 特別区「自然科学」駆け込み講座 <全1回> 

 日時:5月3日(木・祝) 13:30~16:00 受講料:4,500円

 担当:筑紫 朝道 LEC専任講師

 [講演内容]
 特別区の試験範囲は幅広く、その中でも出題の多い自然科学を攻略し、得点源とします。

 -----------------------------

 市役所AB日程対策「数的・社会科学・論文特訓」道場 <全6回> 

 受講料:15,000円

 [数的処理]
 
 日時:5月3日(木・祝)10:00~12:30、4日(金・祝)10:00~12:30、
5日(土・祝)10:00~12:30

 担当:柴崎 直孝 LEC専任講師

 [講演内容]
 市役所試験の最大の得点源である数的処理を攻略し、得点源とします。


 [社会科学]
 
 日時:5月3日(木・祝)13:30~16:00、4日(金・祝)13:30~16:00 

 担当:大野 純一 LEC専任講師

 [講演内容]
 数的処理に次いで、社会科学は市役所試験で得点源となる科目です。
 ポイントをしっかりと押え攻略します。


 [教養論文]

 日時:5月5日(土・祝)13:30~16:00  

 担当:松浦 明義 LEC専任講師

 [講演内容]
 合格答案となるように、論作文の作成のコツを伝授します。


○会場
 
 LEC 池袋本校(http://www.lec-jp.com/school/ikebukuro/


★詳細、その他資格特別講座についてはこちら→ http://www.lec-jp.com/school/event/



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング