【スマートスケープ株式会社、米国3D PDF コンソーシアムにボードメンバーとして参加】

PR TIMES / 2012年6月11日 13時54分



~6月20日‐22日DMSに出展、セミナーも開催~

製造業向けのシステムインテグレーション事業を展開するスマートスケープ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉田隆、以下「スマートスケープ」)は、米国を拠点にする3D PDF コンソーシアム(以下、「3D PDF コンソーシアム」)の年次総会で、日本企業としては初めてボードメンバー承認を得ました。スマートスケープは今後、情報提供やセミナー開催などを通して3D PDFの普及に努めます。

3D PDFとは、従来のPDFに3D CADデータ、製品製造情報(PMI)、PLM/ERPからのメタデータ、その他のエンジニアリング情報等をパッケージしたものです。30以上のネイティブ3D CADデータの取り込みと、製造設計情報(PMI)、正確なB-Repジオメトリをサポートする、市場でも唯一のソリューションです。

3D PDF コンソーシアムは、国際標準のISO 24517 である3D PDFの普及と、さらなる開発のために組織され、世界中のソフトウェアプロバイダ、システムインテグレータ、政府機関、さらには3D PDFを活用したビジネスを展開する、あらゆる企業が活動に加わっています。3D PDF コンソーシアムのエグゼクティブディレクター、David Opsahl氏は、スマートスケープの参加について次のように述べています。
「製造業や建設業、その他3Dデータを使用する産業の世界情勢を考えると、日本のコミュニティは我々のミッションである3D PDFの普及と開発に不可欠だと考えています。そのため、スマートスケープとの強いパートナーシップを非常に喜ばしく思います。」

メンバー承認を受け、今後スマートスケープは3D PDF コンソーシアムの理念に則り、3D PDFに関する最新情報の日本語化やセミナーの開催などを通じて日本国内での3D PDFの普及に努めます。第一歩として、2012年6月20日から3日間にわたって行われる「設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展し、最終日の6月22日(金)には、3D PDFの可能性と、関連する新製品を紹介するセミナーを開催します。

【3D PDF コンソーシアムについて】
http://www.3DPDFConsortium.org (英文)

【スマートスケープについて】
2003 年設立のスマートスケープは、自動車、産業機械業界を中心にCAD/PLM、CG を利用したアプリケーション開発で多くの実績を残してきました。特に国内大手自動車メーカの基幹PLM システムでの継続的な開発に従事し、システムの発展に貢献しています。新事業としてポータブルPLM ドキュメントの3D PDF を採用し、パートナーシップのある海外の企業と密に協業しながら、日本のマーケット拡大に注力しています。
スマートスケープウェブサイト:http://www.smartscape.co.jp/
      取扱い製品サイト:http://www.3dpdf.jp/
DMS・セミナー案内サイト  :http://www.3dpdf.jp/ホーム/セミナー情報/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング