【食生活に関する意識調査】 くだもの摂取量が増えた人の51.3%「健康状態が良くなった」

PR TIMES / 2012年6月14日 11時47分



========================================
【食生活に関する意識調査】
くだもの摂取量が増えた人の51.3%「健康状態が良くなった」
食生活で摂取を心掛けている栄養素は「食物繊維」「ビタミンC」「カルシウム」
くだものを食べない理由は「値段」「日持ち」「皮むき等の手間」

調査対象:全国20-60代の男女800名
実施期間:2012年5月28日~5月30日
実施方法:インターネットを利用したアンケート調査
========================================

キウイフルーツの輸入、販売を行うゼスプリ インターナショナル ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は、20代~60代の男女800名を対象に、「食生活に関する意識調査」を実施いたしました。

調査結果からは、9割近い人が食事のバランスに何かしら気を遣っていると答え、「食物繊維」「ビタミンC」「カルシウム」を中心とする栄養素の摂取を心掛けながらも、4分の3の人がそれらの栄養素不足を感じていることが明らかとなりました。また、野菜の摂取に積極的な人が多いのに対しくだものの摂取意識は低く、9割以上の人がくだもの摂取量は目標値(1日200g)に満たない状況であることもわかりました。その一方で、くだもの摂取量が増えた人の半数以上が健康状態に好影響があったと感じていることが明らかとなり、くだもの摂取の効果に期待の持てる調査結果となりました。

==【調査結果トピックス】=================================================
■ くだもの摂取量が増えた人の51.3%「健康状態が良くなったと思う」
■ 食生活で最も気にしている事柄は「栄養バランス」「適量」「野菜の摂取量」
■ 食生活で摂取を心掛けている栄養素は1位・食物繊維、2位・ビタミンC、3位・カルシウム
■ 摂取を心掛ける栄養素でも「不足がある」と感じる人が74.2%
■ くだものを食べない理由は「値段」「日持ち」「皮むき等の手間」
=====================================================================


<トピックス1.> くだもの摂取量が増えた人の51.3%「健康状態が良くなったと思う」

過去3年間でくだものを食べる量が増えたと回答した111名と、同期間にくだものを食べる量が減ったと回答した158名に対し、摂取量が変化する前後で健康状態などに違い(影響)があったかを尋ねたところ、顕著な相関性が見られました。
「健康状態」は、くだもの摂取量が増えた人の13.5%が「かなり良くなったと思う」、37.8%が「やや良くなったと思う」と答えており、合計すると51.3%が「良くなった」との認識を持っていることがわかります。続いて47.8%が「変化なし」、0.9%が「やや悪くなったと思う」と答えていました。その一方で、くだもの摂取量が減った人は「やや良くなったと思う」7.6%、「変化なし」71.5%、「やや悪くなったと思う」18.4%、「かなり悪くなったと思う」2.5%と反対の傾向が見られました。
この相関性は、「お肌の調子」「便通」「体重コントロール」に関する同様の質問に対しても、結果に表れました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング