~【日本初!】停電時、3 時間持続する電力を発電(※)~ 一般家庭向け『固定蓄電設備(NEーBSー4000)』の商品化

PR TIMES / 2012年6月13日 14時9分



自然エネルギー関連の事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース株式会社(本社所在地:長野県駒ヶ根市、代表取締役:伊藤 敦)は、戸建て住宅やマンションなどの個人住宅向けに、停電や非常時に使用できる電力を確保する「固定蓄電設備」を商品化いたしました。


■固定蓄電設備(NEーBSー4000)の概要
固定蓄電設備(NEーBSー4000)とは、平常時に商用電力で電池を充電し、停電時には「自動的」に切り替えて電力(AC100V)を供給する非常用電源です。


■固定蓄電設備(NEーBSー4000)の機能・特長
01 通常のコンセント(商用電力)に繋いで「自動的」に最適充電
※常に蓄電池を満充電近くに保持するように動作。

02 平常時は、商用電力をそのまま出力し、「バッテリーや機器の消耗を押さえた設計」

03 停電時は、「自動的に(1秒以内)負荷を商用電力から蓄電へ切り替え」
※商用電力復帰時にはこちらも自動的に元の商用電力へ切り替えて充電

04 冷蔵庫・TV・PC・蛍光灯等の非常時に必要な負荷(約700W)を「3 時間」程度連続して運転可能な蓄電用量

05 「大出力1.5kW 正弦波インバータ」

06 メンテナンスフリー
寿命・サイクル寿命ともに最も優れた産業用鉛電池を使用

07 バッテリー保護のためのアラーム機能搭載(温度・放電量)

08 バッテリー消耗を予防する負荷シャットダウン機能搭載

さらに『太陽光発電との組み合わせ』で災害時など電力復旧がしばらく望めない際に、良質な電力を家庭に供給することができます。


「出力が極めて不安定」、「最大電力が瞬間でも1.5kW を超えられない」、「夜間はお手上げ」など、太陽光発電だけの弱みを、蓄電と組み合わせることで全て解決可能です。



■固定蓄電設備(NEーBSー4000)の実用事例
国内初の「戸別太陽光+ 蓄電池」マンション「レーベンリヴァーレ横濱鶴ヶ峰ヒルズ」
(タカラレーベン様:横浜市旭区・総戸数105 戸・2012 年3 月竣工)



(※)冷蔵庫・TV・PC・蛍光灯等の非常時に必要な負荷(約700W)にて算出。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング