生活者のアイデア活かし、ガリバーと車両200台を東北に送った『Blabo!』が、正式オープン!

PR TIMES / 2012年7月19日 15時29分



企業と生活者のコ・クリエーション(共創)プラットフォームを構築する株式会社Blabo(東京都渋谷区、代表取締役:坂田直樹)は、2012年7月19日より『オンラインアイデアボード Blabo(R)!(ブラボ(R))http://bla.bo/』を正式オープン致します。

『オンラインアイデアボード Blabo(R)!』とは
「テーマや課題を書いたアイデアボード」を作成するだけで、世界中からアイデアを集めることが可能となります。ユーザーの声を聞いたり、外部の新しい発想を取り入れたいときに活用すると効果的です。アイデアを集め、そのアイデアを出したユーザーと対話することができます。

すでに港区議会議員 横尾俊成さんが「若者の投票率を上げる施策を、一緒に考えよう!」と呼びかけたり、渋谷で人気のコワーキングスペース「co-ba」が、「"co-ba"をもっとよくするために欲しいものって?」と自社サービス向上のためのアイデアを募ったり盛り上がりを見せています。

『オンラインアイデアボード Blabo(R)!』の沿革
2010年4月にβ版をローンチし、企業が生活者とフラットに対話し、商品やサービスを開発できるプラットフォームを構築してきました。その結果、企業が「大規模なコミュニティサイト構築・運営」をせずとも、生活者とコ・クリエーションできるサービスを提供してきました。アサヒビール株式会社、株式会社ガリバーインターナショナル、三井不動産レジデンシャル株式会社、株式会社リクルート、ライフネット生命保険株式会社をはじめとする10社以上の共創プロジェクトを実施してきました。

近年、スタートアップやマイプロジェクトの増加に伴い、ユーザーのアイデアを取り入れた開発を行いたいという要望が、企業だけではなくNPOやスタートアップからも多数寄せられるようになりました。この要望に応え、誰でもプロジェクトを立ち上げアイデアを集められる、より開かれたコ・クリエーション(共創)プラットフォームとして正式オープンすることとなりました。

実績とケーススタディ一例
株式会社ガリバーインターナショナルは、「これからの中古車」の価値を生活者と共創するプロジェクトをBlabo!上で継続的に行ってきました。東北地方太平洋沖地震の復興支援では、生活者、NPO、企業の垣根を越えて被災地に車両を送る「タッグプロジェクト」を発足させ、合計200台をBlabo!を通じて送り届けました。また、2012年7月14日にオープンした『ガリバーWOW! TOWN幕張』の店舗開発を生活者と行いました。当店舗で実施されているペーパードライバーでも安心して試乗が出来る「教官のいるお店」のアイデア等は店舗に取り入れられています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング