新生銀行グループ、マンチェスター・ユナイテッドの提携カードを日本で発行

PR TIMES / 2012年7月20日 18時9分

 新生銀行グループの株式会社アプラス(本社:大阪府大阪市、社長:野口郷司、以下アプラス)は、サッカーのイングランドプレミアリーグに所属するマンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブ(以下、マンチェスター・ユナイテッド)と業務提携契約を締結し、日本国内における同クラブファン向けクレジットカード「マンチェスター・ユナイテッドカード GOLD」と「マンチェスター・ユナイテッドカード」を発行します。

 同カードは、平成24年7月20日(金)からアプラスおよび新生銀行のウェブサイトで募集を開始するとともに、新生銀行の各店舗において同カードのお申込書の設置を開始します。また、マンチェスター・ユナイテッドでは、公式サイト(http://www.manutd.jp/)からもお申込みの募集を同時に開始いたします(日本版公式サイトのみ)。さらに、新生銀行グループとマンチェスター・ユナイテッドでは、同カードの発行を記念したローンチイベントを8月20日(月)に東京都内にて行ないます。ローンチイベントでは、マンチェスター・ユナイテッドの初戦に向けて、ファンが巨大ユニフォームに応援メッセージを書き込み、その様子を撮影した動画と巨大ユニフォームの超精細画像が後日、専用のキャンペーンサイトにアップロードされます。

 マンチェスター・ユナイテッドのコマーシャルディレクター、リチャード アーノルドは、本提携について、次のように述べています。
 「マンチェスター・ユナイテッドは日本では常に素晴らしいファンに恵まれており、昨シーズンには5千万人のファンの皆さんに試合を観戦して頂きました。新生銀行グループとの提携はこの3月に合意したもので、この間、私たちは日本のファンの皆さんにマンチェスター・ユナイテッドのカードホルダーとして魅力を感じていただけるような、さまざまな特典を含めたカード商品をご用意いたしました。この提携カードは、マンチェスター・ユナイテッドのクレスト(紋章)を正式に冠した日本国内で唯一のカードであるだけでなく、主要な金融機関の一つである新生銀行グループが発行する、信頼性の高いものであります。」

 新生銀行専務執行役員個人部門長のサンジーブ グプタは、本提携について、次のように述べています。
「世界有数のビッグクラブの一つであるマンチェスター・ユナイテッドの日本での提携カード展開のパートナーとして、新生銀行グループが選ばれたことを大変嬉しく思います。当行グループの個人部門では、リテールバンキング業務およびコンシューマーファイナンス業務において、資産運用からローンまで幅広い商品・サービスを提供しています。今般の提携カードの導入に際しては、二つの業務のシナジーを活用し、マンチェスター・ユナイテッドのファンの皆さんはもとより、広くサッカーファンの皆さんに魅力的なサービスを提供してまいります。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング