ミルクと牛に関することしかラップしない伝説のミルクラッパーShibori、最後の大作「メゥク」をリリース!

PR TIMES / 2012年8月1日 15時21分



社団法人中央酪農会議が行う牛乳消費拡大活動、「MILK JAPAN」。
その活動の一つ「ミルクチャポン」という子ども番組の中で、ミルクと牛に関することしかラップしない伝説のミルクラッパーShiboriの存在が密かに注目を集めている。
彼はこれまで、ハードコアな1st「酪農」、メロウな2nd「Delivery」を発表してきた。その唯一無二のヒップホップスタイルが人気を呼び、2曲のPVはYouTubeで30万回近くの再生回数を誇っている。そのShiboriが、ついに牛乳ラップ3部作の最終章となる「メゥク」をリリースした。
最強のDIVA “Sister Mo'”を迎え、牛乳への愛を高らかに謳い上げる「メゥク」は、Shibori史上最もエモーショナルかつスピリチュアルな究極のミルククラシックとなった。

ミルクラッパーShiboriは消費者にこんなメッセージを送っている。
「3部作は今回で完結するけど、スーパーやコンビニで牛乳を見かけたら俺のメッセージを思い出してもらいたい。牛乳は素晴らしいってね。今まで本当にありがとう。Shiboriがいなくなってもメゥクはいつだって君のそばにある、それを忘れないで……。PEACE。」

【ミルクラッパーShiboriプロフィール】
ミルクと牛に関することしかラップしない「ミルクラッパー」。世界中のヒップホッパーに絶大な影響力を誇る伝説的存在。ニューヨーク州サウスブロンクス出身。小学生のころに牛乳と出会い、以降、牛と酪農へのリスペクトの思いを強くする。その後、日本各地の牧場を巡って酪農事情の最先端を視察、「俺という存在の全てを賭けて牛乳を表現したい」との言葉を残し、ミルクラッパーへの道を志す。主な活動の場を牧場に限定しゲリラ的に自身のラップを発信してきたが、2010年“牛乳が日本を元気にする。”「MILK JAPAN」運動のことを知り、電撃的参加を表明。同年10月のシングル「酪農」で業界を騒然とさせた。2011年6月に発表された「Delivery」では、牧場と消費者をつなぐ“物流”をテーマにした鋭いラップを披露。そして2012年7月に牛乳ラップ3部作の完結編となる「メゥク」をリリースした。※このプロフィールはフィクションです。

≪関連リンク≫
■ミルクラッパーShibori特設サイト
http://www.milkjapan.net/pc/shibori/
■「メゥク」PV
http://youtu.be/28LRPvDA2OA
■最新音楽ニュースサイトナタリーShiboriタイアップページ
http://natalie.mu/music/pp/shibori03
■MILK JAPANサイト
http://www.milkjapan.net/pc/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング