赤ちゃんの健やかな成長を願うママを応援する

PR TIMES / 2012年8月6日 9時10分



 2012年7月22日(日)にMiltonママメール会員から抽選で選ばれた、3組の親子様に「親子の日」スーパーフォトセッションにご参加頂きました


<親子の日とは>
「親子の日」は、アメリカ人の写真家ブルース・オズボーン氏により提唱され、“親と子が共に向かい合う日、そしてその日を通じてすべての親子の絆が強める日“として、2003年より日本記念日協会にも制定されている記念日です(7月の第4日曜日

<笑顔に満ち溢れた撮影会>

 昨年度に引き続き、「親子の日スーパーフォトセッション」は恵比寿の撮影スタジオで開催されました。  参加した家族の方々は、なれないフォトセッションに緊張しながらも、撮影スタッフのサポートもあり徐々にリラックスした表情に。また、赤ちゃんも元気いっぱいの笑顔を披露してくれ、当日の曇り空を吹き飛ばすほどの笑顔に満ち溢れた撮影会となりました。 また、Miltonママクラブから選ばれた、3組のご家族の皆様も、自然体で撮影に取り組んでおられ、撮影終了後には参加した3組共が「楽しくてあっという間」だったとコメントするほど、時間を忘れて楽しんで頂き、とても満足した様子でした。


<Miltonママクラブとは>
Miltonママクラブは、 赤ちゃんの健やかな成長を願うママやプレママを応援するコミュニケーション広場です。 子育てお役立ち情報やお楽しみコンテンツ、また参加してうれしいコンテンツなどを展開していきます。


http://www.miltonmama.jp/


<参加者インタビュー>
●白石健一・美貴 ご夫妻 凌花ちゃん・恭輔くん
・撮影を終えていかがでしたか
 家族の記念日などに、写真を撮ってもらうことはよくあるので、特に緊張せずリラックスして臨めました。
・「親子の日」ですがどのような親子になりたいですか?
 常に穏やかでいたいです。どんなときも笑っていられるような、優しい家庭にしていきたいです。


●藤沼嵩・奈緒 ご夫妻 紘央くん
・撮影を終えていかがでしたか?
 とても緊張しましたが、和気あいあいとした雰囲気で撮影してもらったので、とても楽しかったです。知らない間に終わったって感じでした。
・「親子の日」ですがどのような親子になりたいですか?
 子育ての参考、基準になっている両親がそのようにしてくれたように、頑張りすぎず、冷静に何でも話し合える親子でありたいです。


●国分康史・絵里 ご夫妻 希愛ちゃん
・撮影を終えていかがでしたか?
 子供は緊張してしまっていましたが、オズボーンさんが撮影中常に気持ちが盛り上がるようなあやし方をしてくれて、
とても新鮮で楽しかったです。
・「親子の日」ですがどのような親子になりたいですか?
 あくまで自然体が基本ですが、日々「良いな」と思ったことは都度取り入れていってみんなで成長していける親子になりたいです。


<親子の日スーパーフォトセッションを終えて>
 ミルトンママクラブより参加した3組の方々に“理想の親子について”インタビューを実施した所、 3組とも共通して「親子共々協力しあって、優しく、お互い成長できるような関係にしていきたい」と、話していました。また、その他にあった意見としては、「自分の両親の良い所を真似て子育てをしていきたい」というものでした。それは、ブルース・オズボーン氏の「親子の日」提唱に込めた、「未来への贈り物~Present to the future~」のメッセージに類似している感じ、「親子の日」の意義、果たす役割の大切さを再認識させられました。  ミルトンママクラブでは、親子の未来、そして、未来に生まれてくる赤ちゃんのために、これからも有益な情報、活動の場の提供を通じて、子育てをサポートして参ります。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング