“心通いあうくつろぎの我が家”をコンセプトに、71店舗が出店 2012年11月1日(木) 『シァル鶴見』グランドオープン

PR TIMES / 2012年8月29日 14時16分



東日本旅客鉄道株式会社と株式会社横浜ステーシヨンビルは、2012年11月1日(木)、JR京浜東北線の鶴見駅に、「心通いあうくつろぎの我が家」をコンセプトとした、地元密着・生活密着型の駅ビル「シァル鶴見」を開業いたします。

○「シァル鶴見」には、物販、飲食あわせて71店(保育園除く)が出店。ファッションはもちろん、食やカルチャーまで、近隣のお客さまの生活をより豊かにする魅力的な空間を提供いたします。

○地元鶴見、建功寺の住職で世界的庭園デザイナー、枡野俊明氏プロデュースによる5階禅カフェ、「枯山水」を作庭した屋上庭園など、心休まる空間を提供し、そして、「日本文化」と「禅文化」を表現いたします。

○2013年4月(予定)に駅型保育園を開園します。駅直結の立地を活かし、「仕事」と「子育て」の両立を目指す方を応援いたします。

1. 開発コンセプト
東海道の「間の宿(あいのしゅく)」(休憩所)として江戸時代より賑わってきた鶴見は、日本の近代化を象徴する都市「横浜」の中でも、特に近代化のパワーがあふれるまちです。当施設は、JR京浜東北線鶴見駅の東口に立地し、新時代のまちにふさわしい駅ビルとして、地域に根ざした鶴見スタイルを発信いたします。ファッションはもちろん、食やカルチャーまで、地域居住者の快適かつ安心な暮らしをサポートし、家族、友達、地域との心の絆を結ぶ安らぎの「場」を提供いたします。また、お客様に毎日でもお越しいただくために、様々なイベントを館内で実施してまいります。

2. 環境デザインコンセプト
人と人とが出会い、心が豊かになり、そして地域との絆を育む空間とすべく、鶴見のまちの魅力を取り入れた、心の駅ビル「シァル鶴見」。世界的庭園デザイナーであり、また鶴見で450年の歴史を持つ建功寺の住職である枡野俊明氏(下記プロフィール)のプロデュースのもと館内各所に「日本文化」と「禅文化」に基づくデザインを取り入れております。

▼枡野俊明(ますの しゅんみょう)氏 略歴
横浜市出身。大学在学中より斉藤勝雄氏に師事し、卒業後弟子となる。
昭和54年大本山總持寺にて雲水として修行。禅の思想と日本の伝統的考え方を基に、創作活動を行う。
『芸術選奨文部大臣新人賞』『外務大臣表彰』『Gala Spa Award2005特別賞』カナダ政府より『Meritorious Service Medal』(カナダ総督褒章)、ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章等受賞多数。現在、建功寺住職、日本造園設計代表、多摩美術大学環境デザイン学科教授、ブリティッシュ・コロンビア大学特別教授。
2006年のニュース゛ウィーク日本版にて、「世界が尊敬する日本人100人」にも選出される。

3.フロア概要
地元鶴見の皆様に、満足して日々ご利用いただけるように選りすぐりのショップを集積いたしました。
1F「御菜市場(おさいいちば)」(※1)、2F「CIAL FOOD PLAZA」では、食料品フロアとして、お客様のご家庭で必要な物が全て揃う品揃えを目指しております。
3F「CIAL FASHION STREET」、4F「CIAL LIVING」の衣料品、雑貨は、日常使いの中にキラリと光る感度の高い品を揃えております。
5F「眼睛小径(がんぜいこみち)」(※2)では、大型書籍店や携帯キャリアショップ等、多種多様なショップが出店すると同時に、「シァル鶴見」のコンセプトを体現する禅カフェ「坐月 一葉」がございます。
6F「典座小径(てんぞこみち)」(※3)は、レストランフロアとして、様々な魅力ある味のショップが集まっております。

※1 御菜市場(おさいいちば)
鶴見区生麦には、海産物を領主に献上する御菜浦と呼ばれる場所がありました。その御菜浦と同様に、数多くの品揃えのある賑やかな市場を目指して、御菜市場と名付けました。
※2 眼睛小径(がんぜいこみち)
眼睛とは、物事の本質や価値を見抜く眼そのものを差し、その本質や価値を常に意識したフロアとして、眼睛小径と名付けました。
※3 典座小径(てんぞこみち)
典座とは、禅の教えの中で「食」を司る役割であり、食事は禅の教えで非常に重要なものでした。一粒の米も無駄にしないという、食事の大切さや食べ物の大事さを常に意識するために、典座小径と名付けました。

(1)注目店舗
 ●「Date-no-Gyutan Kitchen」(2F)★神奈川初出店
本場仙台の牛たん、その味を鶴見の皆様にご提供するために、仙台の名店「伊達の牛たん本舗」が新ブランドを立ち上げました。また、イートインコーナーもございますので、ぜひ焼きたての牛たんをご賞味下さい。

●「赤羽あんこ」(2F)★神奈川初出店
東京都北区王子の名店と名高い王子製餡所でつくられたこだわりの餡を、デニッシュ生地で包み焼き上げた「赤羽あんこ」をはじめ、どこかなつかしい和風の焼きたておやつを提供する和風スイーツのお店です。

●禅カフェ「坐月 一葉」(5F)
匠の方達のご協力で「本物」の茶室が完成いたしました。その「本物」が醸し出す落ち着いた空間の中、喫茶・イベントをお楽しみ下さい。

(2)フロアデザインの特長
●1F
生鮮3品とベーカリーがある食料品フロアとして、鶴見の魚河岸や、やっちゃ場のイメージを彷彿させるデザインで、ワクワクする空間をお楽しみ下さい。また、天井の高さも6メートルあり、非常に開放的な空間です。

●5F
木のイメージを基本に、落ち着いたゆとりある和の空間をつくりだしております。また、「禅」のこころに触れられる体験の場として禅カフェもご用意しております。皆さまの書斎として是非ご利用、おくつろぎ下さい。

●6F
坪庭のある落ち着いた雰囲気のレストランフロアで、お友達や家族でお食事をお楽しみいただけます。また、同フロアには保育園(2013年4月開園予定)もあり、地元の皆さまに貢献していきます。

●屋上
テーマは「月白く、風清し」。自然、静けさに身を置いて、自分を見つめる空間です。ウッドデッキ、築山、自然石、そして、禅の庭である枯山水によって構成される空間をご堪能下さい。また、季節によってイベント等も開催していきます。

(3)設備
●ガスコージェネレーションシステム等エコ対応
・停電時にもガスコージェネレーションシステムにより継続的に電気を供給し続けられます。大規模停電時等も、食料品売場の営業および食品管理ができます。
・ガスによる発電時に発生する廃熱を冷暖房、給湯などに利用し、節電を図ると共に、経済性、防災性を高めます。
・節電対策として、ガス発電機の常時運転により購入電力の18%相当を賄えます。
・施設内通路照明の90%近くをLED照明にし、節電を図ります。

●デジタルサイネージ
・館内に設置したモニターにより、館内イベントやショップ情報等、リアルタイムでライブ感溢れる情報を発信していきます。

4.「シァル鶴見文化事業協議会」発足について
(株)横浜ステーシヨンビルは、「シァル鶴見文化事業協議会」を発足し、禅・禅文化関係各位の中から、その中核を担う方々により、シァル鶴見の文化事業の推進についてご指導を賜り、弊社の施設について、より良い形での利用と運営を協議する場を設けております。
「シァル鶴見」は、鶴見の特性を十二分に生かした駅ビルづくり、地域と駅利用者の皆さまに喜ばれる駅ビルづくりのために、「日本文化」とその源流たる「禅・禅文化」を時代に即応した形で、多くの方々に向け情報発信する基地機能を設けることにいたしました。これは、おそらく駅ビル、そのほかの商業施設の中で、駅機能と密着した文化の発信基地の役割を果たせる唯一のものになると考えております。「禅と禅文化」の紹介等が幅広く大勢の方々にできる、駅直結の「サテライト」としての場ができあがるといえるかもしれません。

【シァル鶴見で感じられる「日本文化」と「禅・禅文化」】
・日本を代表する名工の手による本格的な四畳半の茶室も備えた禅カフェ「坐月 一葉」
・屋上に「禅の庭」である「枯山水」を作庭
・エレベーターホールや館内各所に、自然石を配置
・坐禅、お茶、お花など「日本文化」と「禅・禅文化」に触れる体験教室を開催(2013年4月以降開催予定)
・禅に関する書籍や各禅寺などの行事のご案内

5. 施設概要
施設名称 : シァル鶴見
所在地  : 横浜市鶴見区鶴見中央1-1-2
延床面積 : 約14,300m2 (約4,330坪)
店舗面積 : 約5,600m2 (約1,690坪)
構造、規模: 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造(地下1階~地上6階) 
店舗数  : 71店舗(保育園除く)
開業   : 2012年11月1日(木)※6階保育園は、2013年4月の開園予定。
営業時間 : 10:00~21:00(6F飲食11:00~22:30)
       ※一部営業時間の異なる店舗がございます。
建築主  : 東日本旅客鉄道株式会社 横浜支社
運営会社 : 株式会社横浜ステーシヨンビル

■ショップリスト
https://prtimes.jp/data/corp/5762/bca966c58ca1aa3e7a95fdf99ae8fd48.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング