Alfresco、業界初のエンタープライズコンテンツ向け 同期プラットフォーム「Alfresco One」を発表

PR TIMES / 2012年10月2日 15時28分

~新しいプラットフォームは、クラウドの敏捷性と強力なECMを組み合わせて「ドロップボックス問題」を解決~

2012年9月17日(英国ロンドン) - Alfresco は本日、ファイアウォールのバリアを超えて情報ライフサイクルを拡大し、企業によるエクストラネットの迅速な構築、顧客とのコラボレーション、モバイルデバイスによる容易な社員アクセスを可能にする、業界初のエンタープライズ同期テクノロジー、Alfresco Oneを発表しました。 新しいデバイスの導入、コンテンツタイプの多様化、社員のモバイル化など、組織内で一致したデータを共有することは困難を極め、組織は今後も混沌としたエンタープライズコンテンツの状態に悩むことになるでしょう。 Alfrescoの新しい同期ソリューションは、プラットフォームベースで、オフィス内でもファイアウォール外でも、どんなデバイスを使っても、社員は自由に社内外の関係者とコラボレーションすることができます。 また、現在提供されている他社のエンタープライズソリューションやクラウド専用ソリューションとは異なる方法で、すべてのエンタープライズコンテンツの管理権限を再びITリーダーの手に取り戻します。

これまでファイアウォール外でコラボレーションをする場合は、外部から社内システムにアクセスするか、接続されていないクラウドサービスを利用するほかありませんでした。 Alfrescoは、ファイアウォール内外のユーザー、コンテンツ、システム、プロセスをセキュリティ保護しながら同時につなぐ唯一のソリューションで、クラウドに保存できない社内秘コンテンツを扱う際でも、IT部門がシームレスなエクスペリエンスを提供できるようにします。 Alfrescoを使えば、企業間コラボレーションでも完全にセキュリティ保護されたエクストラネットを実現できます。

IDCのコンテンツ&デジタルメディアテクノロジー部門プログラム副社長であるMelissa Webster氏は次のように説明しています。「これまでのユーザーはコンシューマークラウドテクノロジーを利用してきましたが、これにより会社にとって大きなリスクが発生していました。そこで、ITがコントロールを行いながら、ビジネスクリティカルコンテンツを保護し、ユーザーが社外の関係者とコラボレーションできるようにするソリューション、しかも任意のモバイルデバイスからコンテンツにアクセスできるソリューションが必要となっています。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング