ラゴスティーナ 圧力なべ発売50周年記念製品 DOMINA BIANCA ドミナ・ビアンカ

PR TIMES / 2013年2月4日 17時43分

イタリアで110年以上愛されつづけてきた調理器具ブランド「ラゴスティーナ」。
家庭の味の伝承をささえてきました。
「ラゴスティーナ」のアイコン的商品である圧力なべの発売50周年を記念したモデル「ドミナ・ビアンカ」が発売されました。



ラゴスティーナ
圧力なべ発売50周年記念製品
DOMINA BIANCA
ドミナ・ビアンカ
イタリアで結婚祝いの品として贈られてきた「ラゴスティーナ」の鍋。女性たちはこの鍋の重みに、家族のために料理をつくる幸せと一家の台所をあずかる責任を重ねてきました。新婚家庭での初めての料理、子どものための離乳食、仕事と家庭の両立の中で時間と競争しながらの食事づくり、イタリアでは一家の柱であるマンマ(母)にとって、手づくりの料理を中心とした家族の時間を築くことは人生で最も大切なもののひとつ。「ラゴスティーナ」の鍋は、そんなマンマたちの半生を共にする頼もしい相棒として、家庭の味をささえてきました。

イタリア北部の小さな町、オメーニャ。アルプスにほど近いマッジョーレ湖のほとり、自然豊かなこの町で、1901年カルロ・ラゴスティーナとその息子エミリオによって「ラゴスティーナ」は誕生しました。
二代目のマッシモ・ラゴスティーナは、当時新素材として注目を集めていたステンレスに可能性を見出し、1933年ついにイタリアで初めてのステンレス製鍋の製造に成功します。丈夫さだけでなくデザインの美しさも話題をよび、後に「カーサ・ミア」と名づけられたこのシリーズは、1955年にニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久展示品に選ばれることとなりました。以来、“テーブルに出せる美しい鍋”が「ラゴスティーナ」の誇りなのです。

1961年、より耐久性に富む18-10ステンレス鋼を使用した、「ラゴスティーナ」独自の圧力なべの販売が開始されます。女性の社会進出が著しい時代であり、忙しい毎日の中でも家庭の味を大切にするイタリア女性にとってまさに救世主となった「ラゴスティーナ」の圧力なべ。その蒸気音は“魔法のホイッスル”と呼ばれ、瞬く間に世界80ケ国で愛用されるようになりました。殊にイタリアでは、結婚祝いに贈られた圧力なべと金婚式を祝ったというご夫婦もいるほど、その存在感は家庭生活の中で大きいものとなっています。そして2012年、「ラゴスティーナ」の代名詞ともなった圧力なべの発売50周年を記念し、「ドミナ・ビアンカ」が新たに発売されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング