航空宇宙・防衛産業向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「ウィニング・プログラム」を発表

PR TIMES / 2012年11月7日 12時23分



2012年11月6日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース

ダッソー・システムズ、航空宇宙・防衛産業向け
インダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「ウィニング・プログラム」を発表

プログラムの初期段階から開発段階まで最適化できる世界初の総合ソリューション

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、航空宇宙・防衛産業の企業を対象とする新しいインダストリー・ソリューション・エクスペリエンスである「ウィニング・プログラム」を発表しました。航空宇宙・防衛産業の企業は、自社の顧客のために正しいコンセプトを構築し、開発の最も早い時期から予算と納期順守の見通しをたてることができます。

航空宇宙・防衛産業では、より優れた製品性能の実現やコストの抑制、さらに開発期間の短縮といった厳しい課題を受け、提案やオファーに際して、初期段階で非常に要求レベルの高いコミットメントを求められるというプレッシャーが高まっています。その中で(提案やオファーに基づく)プログラムを成功させるには、すべての要件定義を満たし、予算およびスケジュールを順守しながら、あらゆる潜在リスクを特定し、それらを効果的に管理する必要があります。多くの企業において、これらは困難な課題でした。これは、複数のプログラム間で知的資産を効率的に把握して再利用し、代替案をスピーディに検索することで最適な案を見つけ出し、決定事項がプログラムのライフサイクルを通じ、どのようなインパクトを及ぼすかをシミュレーションするツールがなかったためです。

このたび発表する「ウィニング・プログラム」は、イノベーションを追求する航空宇宙・防衛産業の企業が、新しい提案を検討して、新規ビジネスを獲得し、システムエンジニアリング上の必要な選択肢とそれらに関連するトレードオフを総合的に検討し、対顧客向け業務を効果的に展開することを可能にします。新規案件獲得に向け入札中の企業は、「ウィニング・プログラム」を使い、自社の提案や構想設計プロセスを管理できます。また、航空機をはじめとする新製品の市場提供に向けた社内検討においても、当局へ申請する新製品の構想設計プロセスを管理する上で「ウィニング・プログラム」を活用できます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング