【脱かくれ老化プロジェクトPR事務局】40~50代の約75%が陥っている「かくれ老化」 “憂うつ”“おっくう”の原因は、「かくれ老化」にあった?!

PR TIMES / 2012年11月1日 15時41分



============================================================
40~50代の約75%が陥っている「かくれ老化」
“憂うつ”“おっくう”の原因は、「かくれ老化」にあった?!
脱!「かくれ老化」こそが、心も元気に保つ秘訣!
http://www.kakurerouka.com/
============================================================

 「脱かくれ老化プロジェクト」実行委員会では、40~50代の「かくれ老化」該当者と
健康な方の男女1,000名を対象に、「かくれ老化」と精神状況に関するインターネット調査を
実施いたしました。

 「かくれ老化」とは、細胞や組織の劣化から体の内部で静かに老化が進行し、
30代までは気にならなかった、カラダのさまざまな部位に現れる変化のことを指します。
 長寿大国となって久しい日本ですが、同時に寝たきりや要介護人口の増加が
現在大きな問題ともなっています。「脱かくれ老化プロジェクト」実行委員会では、
超高齢化社会を迎えた日本のこれからの課題を、いつまでも自分らしく生きられる
健康寿命(日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間)を延ばす
ことであると考えています。
 そのために、40~50代のうちから老化をきちんと認識していただくとともに、
「かくれ老化」から脱することの重要性を啓発するため、プロジェクトのWEBサイトや
調査リリースにて、様々な情報発信を行ってまいります。

-----------------
調査の目的
-----------------
今回の調査リリースは、40代から50代の1,000名の方を対象に、
「かくれ老化」と心の健康の相関関係を明らかにするために実施いたしました。

--------------------
調査結果概要
--------------------
■「かくれ老化」該当者は、健康な方より憂うつだと感じやすい傾向
40~50代の方を対象に、日々の日常のなかで、何をするにも憂うつに感じたり、
面倒に感じることがあるかといった心の健康状態を聞いたところ(図1)、
感じると答えた方のパーセンテージは、かくれ老化該当者は53.1%であり、
健康な方の19.3%に比べると、2.8倍もの方が憂うつ/面倒だと感じていることが分かりました。

■「かくれ老化」が気になって笑顔を避ける人が、健康な方の4.6倍も!
また、「肌のシワ、歯や歯ぐきが気になって笑うのが嫌だと感じる」(図2)と回答したのは、
かくれ老化該当者で29.7%、健康な方では6.4%となりました。
健康な方に比べると、約4.6倍もの方が日常の中で笑顔を避けていることが判明しました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング