世界のこども日本語ネットワーク推進事業 第4回 「海外児童日本体験プログラム」世界8カ国11校の生徒が日本の中学生と交流

PR TIMES / 2012年11月2日 9時40分



 博報財団(公益財団法人 博報児童教育振興会)は、国内外の同世代の児童・生徒たちが一堂に会し、日本語を通して 交流する「海外児童日本体験プログラム」を実施いたしました。 ◆海外児童日本体験プログラム スケジュール: 2012年10月19日(金)~10月29日(月) の11日間 プログラム内容: 学校訪問、文化・社会体験、テーマ検討会など (詳細は別紙参照) このプログラムは、2007年より実施しております「世界のこども日本語ネットワーク推進事業」の一環であり、海外の初・中等教育機関(日本の小・中学校に相当)で日本語を学ぶ児童・生徒を日本に招待し、学校訪問や文化・社会体験等を通じて、 日本語・日本文化への理解と関心の向上を図ります。 4回目となります今年は、世界8カ国11校から計44名の海外生徒が来日し、日本参加校として公募選出された、茨城 県立並木中等教育学校と栃木県宇都宮市立星が丘中学校を訪問、授業・部活見学やテーマ検討会、ホームステイなど様々なカリキュラムを通して、交流を行いました。

「海外児童日本体験プログラム」
■参加校一覧
<海外参加校:8カ国11校>
 インドネシア:シトゥボンド国立第1中学校
 インドネシア:ジャカルタ国立第19中学校
 カナダ   :聖ジョージ学園
 タイ    :サトリーノンタブリー学校
 タイ    :ランパーン カラヤニー学校
 ベトナム  :レロイ中学校
 マレーシア :サンダカン双修(スンシュウ)中学校
 モンゴル  :工業美術学校 ルーマニア:195番学校
 ロシア   :第1535番リセ
 ロシア   :モスクワ英語専門学校 第1223番
<国内参加校:2校>
 栃木県:宇都宮市立星が丘中学校
 茨城県:茨城県立並木中等教育学校


■各カリキュラムの様子
・社会体験・文化体験
 ・10月22日/社会体験
  Aコース:東京タワー→浅草寺→日本科学未来館→お台場
  Bコース:上野アメ横→浅草寺→六本木ヒルズ→お台場
 ・10月23日/文化体験(太鼓)
 ・10月26日/建長寺訪問(座禅体験・精進料理体験・書道体験等)
 プログラム期間中、海外生徒達は、社会体験として東京タワーや浅草寺・六本木ヒルズ・日本科学未来館などの日本の観光名所を訪問しました。また、文化体験では、太鼓や座禅・書道・精進料理など、日本の伝統芸能や文化を体験し、実際に日本の文化に触れることで、日本への理解をより一層深めることができました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング