妻の家事負担は夫の3.5倍 任せるなら「夫」それとも「家電」?仲がいい夫婦は「カジメン夫婦」と「ルンバ夫婦」

PR TIMES / 2012年11月14日 16時7分

コミュニケーションデザイン総合研究所 http://www.cd-s.info/ では、11月22日「いい夫婦の日」を前に、20代から60代の既婚者1291名を対象にアンケート調査を2012年10月に実施し、仲がいい夫婦の条件を分析しました。
その結果、夫婦の1日の家事分担は、妻は夫の3.5倍であり、家事分担について妻は夫の2.5倍不満を抱えていることが明らかになりました。
仲がいい夫婦には、1.妻の家事時間が軽減される傾向があり、(a)家事に積極的な夫がいる「カジメン夫婦」、(b)ルンバに代表されるロボット掃除機や食器洗い機などの家電で家事負担を軽減する「ルンバ夫婦」の2つのタイプが存在します。ともに家事時間が削減されるため、2.夫婦で過ごす時間や会話時間が長くなる傾向があり、3.お互いに好意・感謝・ねぎらいを伝える頻度も高く、4.夫婦げんかの際には夫が先に謝る割合が高い傾向があります。これら4つの要素は、夫婦仲をよくするポイントと言えます。



<主な調査結果>
●夫婦の1日の家事分担 妻は夫のおよそ3.5倍 妻176分、夫51分で家事を軽減
配偶者の家事への不満 妻は夫の2.5倍、カジメン夫婦の妻は夫の家事に8割(1.8倍)満足
●夫婦の1日の会話時間 平均は70分、カジメン夫婦は2割長い、ルンバ夫婦は1割長い
● 4分の1の夫婦は好意(好き・愛しているなど)を月1回以上伝える、カジメン夫婦は好意を1.5倍伝える、ルンバ夫婦は好意を1.4倍伝える
●夫婦げんかで謝る割合 夫は妻の2.7倍、ルンバ夫婦は夫が謝る割合が1.7倍以上多くなる


<仲がいい夫婦に見られる傾向>

1.(a)カジメン夫婦:夫が家事に積極的で家事を軽減
1.(b)ルンバ夫婦:ルンバなどのロボット掃除機や食器洗い機などの家電で家事負担を軽減
2.夫婦で過ごす時間、夫婦で会話する時間が長い
3.配偶者に好意・感謝・ねぎらいを伝える
4.夫婦げんかで夫から謝る割合が高い

<仲が悪い夫婦に見られる傾向>
○夫が家事は妻がやるのが当たり前だと思っている、夫が家事をしないのに不平ばかり言う
○配偶者に好意・感謝・ねぎらいを伝えない
○夫婦で過ごす時間、夫婦で会話する時間がない、もしくは短い
○夫婦げんかが収まらない

■「カジメン夫婦」、「ルンバ夫婦」の定義
【カジメン夫婦の定義】
夫の家事時間が平均値より長い夫を「家事に積極的な夫」(カジメン)とし、夫がカジメンの夫婦を「カジメン夫婦」と定義する。カジメンの基準は次の通り。
1)夫が回答者の場合、夫の自己評価による家事の平均時間1.72.6分より家事時間が長い人を、家事に積極的な夫(カジメン)とする。(159サンプル)
2)妻が回答者の場合、妻の評価による夫の家事の平均時間2.28.0分という時間が、1.72.6分や、1.と2.の平均3.50.3分に比べても短すぎるため、2.と3.50.3分の平均である39.2分を平均値とし、これより夫の家事時間が長いと妻が回答した場合を家事に積極的な夫(カジメン)とする。(129サンプル)
【ルンバ夫婦の定義】
ルンバなどのロボット掃除機や食器洗い機(食洗機)などの家電を導入して家事負担を軽減する夫婦を本調査では「ルンバ夫婦」と定義する。その理由は、2012年にはロボット掃除機が複数のメーカーから発売された注目商品だったことと、ロボット掃除機の中でルンバの保有率が78.3%と圧倒的に多かったため。
ロボット掃除機は共働き夫婦と親和性が高く、食洗機は子どもがいる夫婦との親和性が高い。そこで、それぞれの保有者を分析する際は、母数を「共働き夫婦」、「子どもがいる夫婦」とした。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング