団塊の世代向けに海外ロングステイサポートサービスを提供開始

PR TIMES / 2012年11月20日 14時34分

グローバルな人材の育成サポート事業を行なっている株式会社デラ・クルーズ(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役:佐々木良介、以下 デラ・クルーズ)は、本日より50代、60代のいわゆる”団塊の世代“とその周辺の世代に対してフィリピンでの海外ロングステイを、コンドミアムの物件購入から現地での日々の生活サポートまで全て日本語にてワンストップで支援するサービス「TESZARA」(読み方:テザラ)を開始します。
TESZARAのサービスの特徴は、以下の通りです。




■ TESZARAサービスメニュー

(1) コンドミニアム購入サポート ※説明、案内から購入手続き、登記手続きまでお手伝いします。
(2) 滞在サポートコンシェルジュサービス 月額40,000円
・ ビザ取得サポート
・ 空港出迎えサービス
・ 海外居住スタートサポート
  コンドミニアム周辺のワンデーツアーで生活に必要な場所を案内します。
・ 生活サポート
生活で何かわからないことがあれば、現地TESZARAスタッフが日本語で答えます。
・ メイドサービス
TESZARAからあなたのコンドミニアムにメイドを派遣します。
・ 英会話レッスン
  メニューには毎週の英会話レッスンが組み込まれています。
・ ツアー手配サービス
フィリピン国内外の旅行から、ゴルフなどのアクティビティの手配までお手伝いをします。
・ ボランティア斡旋
日本で活躍してきたスキルをフィリピンの発展のために使いたいという希望があれば、地元の学校や企業でのボラン   ティアのお仕事を斡旋します。


(3) 介護サービス 
必要が生じた場合、世界で高い評価を受けているフィリピン人介護士を派遣します。


■ パートナーシップ:
このサービスを開始するにあたりTESZARAは以下の企業とパートナーシップ契約を結び、フィリピン政府観光省とタイアップを行なっております。


(1) デベロッパー

Ayala Land: 銀行、保険などの金融産業から通信事業、そして不動産開発、ショッピングモール事業で安定した実績をあげている最も信頼ある財閥アヤラ財閥の不動産部門で、アヤラランドは2012年の売上規模においてフィリピン第4位にランクされました。

Megaworld: ホテルグループや大手酒造メーカー、フィリピンのマクドナルドなどを傘下に置くアライアンス・グローバル・グループの大規模開発、高級住宅開発企業。


Robinsons Land: フィリピン最大財閥の一つJGサミット・ホールディングスの不動産部門。この財閥は“フォーブス”によってアジアパシフィックで最も取引された企業50社の中の一つに挙げられました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング