「2012.ISCA.カリカチュア(似顔絵)世界大会」において、「渡辺孝行」が総合優勝を果たし、世界一の称号を得ました!

PR TIMES / 2012年11月26日 10時2分

2012年11月11日~17日にアメリカはテキサス州サンアントニオにて開催された「2012.ISCA.カリカチュア(似顔絵)世界大会」に於いて、渡辺孝行(日本)が堂々の総合優勝を果たし、世界一の座を獲得した。
同大会はISCA(International Society Of Carcature Artists)が主催して行われる、「カリカチュア」と言う「誇張&ユーモア」を含んだ似顔絵の世界大会で、毎年1度アメリカで行われている。今年は第21回目。
約10カ国、総勢200名程度の規模で開かれた今回の大会。
渡辺は昨年、一昨年と総合3位の雪辱を果たすべく優勝候補の筆頭として臨み、8回目の大会参加で悲願の総合優勝(マスターとなり、以後通常競技不参加)を果たし、2012年度のカリカチュアリスト世界一の称号を得た。
大会は全4日間の製作期間内に参加アーティスト同士で作品を描き合い、割り当てられた縦2.5m×横1.2程の壁面をその作品で埋めて、その作品壁の良し悪しを参加アーティスト全員で投票し合い、受賞者を決める、という形式で行われる。




2012年11月11日~17日にアメリカはテキサス州サンアントニオにて開催された「2012.ISCA.カリカチュア(似顔絵)世界大会」に於いて、渡辺孝行(日本)が堂々の総合優勝を果たし、世界一の座を獲得した。


同大会はISCA(International Society Of Carcature Artists)が主催して行われる、「カリカチュア」と言う「誇張&ユーモア」を含んだ似顔絵の世界大会で、毎年1度アメリカで行われている。今年は第21回目。
約10カ国、総勢200名程度の規模で開かれた今回の大会。
渡辺は昨年、一昨年と総合3位の雪辱を果たすべく優勝候補の筆頭として臨み、8回目の大会参加で悲願の総合優勝(マスターとなり、以後通常競技不参加)を果たし、2012年度のカリカチュアリスト世界一の称号を得た。
大会は全4日間の製作期間内に参加アーティスト同士で作品を描き合い、割り当てられた縦2.5m×横1.2程の壁面をその作品で埋めて、その作品壁の良し悪しを参加アーティスト全員で投票し合い、受賞者を決める、という形式で行われる。


総合優勝の渡辺は「カリカチュアという欧米発祥のユーモアあふれる似顔絵を、日本人の細やかさを生かした繊細なタッチでアレンジして、まだカリカチュアになじみの少ない日本の方々に、本場のカリカチュアの感動を上回るような衝撃を与えていきたい。」と思いを語っている。

渡辺にとって「活動10周年&年齢30才」の区切りの年での総合優勝に、嬉しさはひとしおのようだ。


今後は、自身の経営する会社の主な仕事であるブライダル関係の商品を中心に展開して行く方針で、他にもカリカチュアを活かした本の出版など、幅広く活動して行く予定だ。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング