ありそうでなかった 新発想の「備忘録」アプリ。行きたいお店を持ち歩ける“ToGoリスト”「Carry」(キャリー)をリリース

PR TIMES / 2012年11月27日 9時53分

 株式会社Kaditt(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO:門内直樹)は、行きたいお店を持ち歩けるToGoリスト「Carry」を2012年11月27日よりiPhone用アプリケーションとして全世界で正式に提供開始します(http://www.carry-place.com)。「Carry」は、仕事もプライベートも充実させたい20代後半の社会人男性をメインターゲットとし「TVや雑誌で見たり友達に聞いたりして、行きたいと"思った"お店やスポットはたくさんある。しかし、忘れてしまって結局行けないことが多い」という課題を解決する 行きたいお店を持ち歩けるToGoリストです。個人用の「備忘録」という新しい切り口からスタートし、後にソーシャル要素を強化することで国内22兆円のO2O市場を切り開いていきます。



 アプリ内でユーザーは、1)行きたいお店を簡単にToGoリストに登録、2)登録したお店を現在地から近い順での並び替え、ラーメンや観光などのジャンルでのフィルタリングを通して取り出し、3)電話予約やルート案内、そしてLINEやメール、SNS経由で友達にマップ情報のシェアをすることができ、以上の機能により「Carry」はユーザーが確実に行動に移すことをサポートします。


 今回は、個人利用で完結できるToGoリストとしてリリースしますが、2013年春を目処にソーシャル要素を強め、ユーザーと友達・好みの合う人とをつなぎあわせることで「行きたいスポットを発見・蓄積・案内するナビ」へとサービスを拡張していきます。なお、ビジネス面ではユーザーを店舗へ送客するハブとして、国内22兆円のO2Oマーケットのプラットフォーマーを目指していきます。
 「Carry」は今後も、世界中の人々の素敵な体験を効率化することを目指し、開発・運営を行ってまいります。

■サービス概要
サービス名称 :行きたいお店を持ち歩けるToGoリスト Carry(キャリー)
利用料金 :無料
対応言語 :日本語・英語・韓国語・簡体字・繁体字
公開開始日  :2012年11月27日(火)
WEBサイト :http://www.carry-place.com
利用方法   :上記URLにあるApp storeリンク、もしくはhttps://itunes.apple.com/jp/app/carry-xingkitaio-dianwo-chichi/id572780153?mt=8 からダウンロード
推奨環境 :iPhone(iPhone4、4S及び5の端末でiOS4以降のOS搭載)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング