マーサー「2012年世界生活環境調査‐都市ランキング」を発表

PR TIMES / 2012年12月5日 9時30分

・ ヨーロッパの都市が引き続きランキングの上位で優勢
・ ウィーンが4年連続で「世界生活環境ランキング」の首位、バグダッドが最下位
・ 都市インフラランキングではシンガポールが首位、ポルトープランスが最下位
・ Mercer's 2012 Quality of Living ranking highlights (オリジナル英文)




マーサーは「2012年世界生活環境調査‐都市ランキング」を発表した。
調査結果によると、世界で生活環境水準が最も高い都市は、前回に引き続きウィーンとなった。チューリッヒが2位、オークランドが3位と続き、4位にミュンヘン、5位にバンクーバーが入った。デュッセルドルフはひとつ順位を落として6位となり、7位にフランクフルト、8位にジュネーブ、9位にコペンハーゲン、そしてベルンとシドニーが10位となっている。

世界的に生活環境が低いと位置づけられたのは、スーダンのハルツーム(217位)、チャドのンジャメナ(218位)、ハイチのポルトープランス(219位)、中央アフリカ共和国のバンギ(220位)と、最下位のイラクのバグダッド(221位)だった。

マーサーでは、多国籍企業やその他の組織が従業員を海外に出向させる際の報酬を公平に決めるために、毎年この「世界生活環境調査」を実施している。この調査に基づいて発行されるマーサーの世界生活環境レポートは、世界主要都市のハードシップ手当に関する有益な情報を提供している。この調査は世界221都市をカバーしており、ニューヨークのスコアを100とした場合の各都市のスコアをランク付けしている。

本年度は、電気の供給、水の利用性、電話・メールサービス、公共交通機関、交通渋滞、現地空港からの国際線運航路線数、という項目に基づいた「都市インフラ」のランキングも出している。このランキングでは、シンガポールが首位となり、続いてフランクフルトとミュンヘンが2位となった。コペンハーゲン(4位)とデュッセルドルフ(5位)が続き、香港とロンドンが揃って6位となった。最下位はポルトープランス(221位)という結果であった。

マーサーのシニア・リサーチャーであるスラジン・パラカティル氏は次のように述べている。「多国籍企業は、駐在員の報酬水準が妥当であり、報酬パッケージに十分なハードシップ手当が補償されていることを確認するために、現地の情勢や地域の実情を認識する必要があります。駐在員の海外派遣に際し、その国内の安定性、法の執行の有効性、犯罪レベルや医療施設など、駐在員が日常生活で遭遇する事項を考慮することが重要です。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング